0

写真から学ぶ!おしゃれインテリアの最新常識

「インテリアを上手に使って、お部屋を素敵コーディネートしてみたい!」 「一度はお部屋改造を試みたけど、なんかイメージと違うなぁ・・」 映画やドラマに出てくるようなセンスのあるお部屋には、誰しもやっぱり憧れてしまいますよね …

「インテリアを上手に使って、お部屋を素敵コーディネートしてみたい!」

「一度はお部屋改造を試みたけど、なんかイメージと違うなぁ・・」

映画やドラマに出てくるようなセンスのあるお部屋には、誰しもやっぱり憧れてしまいますよね。

でもいざお部屋の雰囲気をチェンジしてみようと思っても、なかなか思い通りにいかないのがお部屋作り。

インテリアはプロのコーディネーターがいるくらい、素人には扱いが難しいのです。

そこで素人でも素敵なおしゃれ部屋を再現したい!という方にオススメしたいのが、写真から学ぶマネっこコーディネート!

自分のお部屋の広さや壁紙など家の標準装備がそっくりなお部屋写真を探してみて、自分の部屋でも真似できそうだと思うものを再現してみましょう!

それでは今回は、インテリアを上手に使ったお部屋写真から、どんなコーディネートができるのか学んでみましょう。

リビングは色重視

まずはこちらの写真の部屋の造りをよく見てみてください。

普通の一人暮らしの部屋によくありそうな普遍的な広さですね。

そして白い壁に大きな窓、木の目のフローリングなど造り自体は極めて一般的な部屋だと言えるでしょう。

それでも爽やかなカジュアルさがあり、綺麗にまとまっているのはインテリアの使い方にあるのです。

まずは“色”にご注目!植物のグリーンに明るさを表すホワイト、フリーリングに合わせた木目調の椅子・テーブル。

何となく全体的に地球上の自然色であるアースカラーが使われているのがわかりますよね!

自然な色合いなので落ち着きのある、それでいてカジュアルで気取らない部屋を再現できるのです。

ソファに部屋の雰囲気を邪魔しない、柔らかなグレーを使っているのもいいですね。

グレーはどんな色とも相性が良く、コーディネート初心者でも簡単に扱えるのでオススメ。

どんな部屋にも合う、グレーソファはこちら

寝室はミニマムスタイルで

こちらの寝室、何だかラグジュアリーで高級感のある雰囲気が漂っています。

この写真の部屋はきっとスペースも広いのだとは思いますが、この雰囲気を出すのはどのような部屋でも可能です。

このしっとりとした寝室のポイントは、モノが少ないミニマムスタイルであるということ!

ベッドにベッドサイドテーブル、部屋についている窓があるだけでこんなにおしゃれなコーディネートが完成するのです。

リビングだったらある程度モノがあっても、ちょっとした収納スペースがあればそこまで気になりませんよね。

ただ、当たり前ですが“寝室は睡眠をとる場所”なのです。

睡眠をとるための部屋にモノは不必要ですが、お好みで部屋の隅に観葉植物を置いたり、落ち着きのある絵画を壁に飾るのはしっとり感を出すのに有効です。

どうしてもモノが多くて置き場所が必要な場合は、収納付きのベッドをチョイスしてみましょう。

寝室には必要最低限のモノだけ配置し、あとは先ほどもいったようにカラーを統一することを意識してみるといいですね。

しっとり感抜群のシックな収納ベッドがオススメ

書斎はあえてカジュアルに

書斎と聞くと、モノクロでシステマチックな印象がありませんか?

実際、そういう“無駄のない空間”であることがほとんどだと思います。

ただそんな無機質な書斎の時代ももう終わり!今はカフェ風カジュアル書斎が人気なんです。

カフェでパソコンを開いて仕事をしている方、結構街で見かけますよね。

出先でちょっと仕事を、という方もいるとは思いますが、カフェで仕事をしている今流行りのノマドワーカーの方も多いのです。

ではなぜカフェで仕事をするのでしょうか?おそらくきっと、家で集中出来ないからという理由が殆んどでしょう。

カフェのあの柔らかくてカジュアルな空間だと、なぜか仕事がサクサク捗るんですよね〜。

ただお金もかかるので毎日通うのは厳しいのが現実。それなら自宅でカフェ風書斎を再現してみるのはいかがでしょうか?

椅子は思い切ってヴィンテージ風のものや、暖かな風合いのファブリックを使ったものをチョイス。

機能性重視な無機質な部屋よりも、いかに自分自身がリラックスして仕事に集中できる部屋を作れるのか意識してみましょう。

こんな暖かな風合いのファブリック椅子はいかが?

誰でもできる簡単マネっこ写真コーディネート

写真を見てみると、案外自分でも出来そうなものってたくさんあるんです。

自分の部屋に合いそうなものを選んで、無理せずマネをしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。