0

一人暮らしでもお部屋を広く見せるための5つのポイントとは?

一人暮らしのお部屋って、狭くて物があまり置けなかったりごちゃごちゃして見えたりしますよね。 わたしも一人暮らしをしていた時は、狭い部屋に悩まされました…。 でも実はあるポイントを抑えることによって、お部屋が劇的に広くまと …

一人暮らしのお部屋って、狭くて物があまり置けなかったりごちゃごちゃして見えたりしますよね。

わたしも一人暮らしをしていた時は、狭い部屋に悩まされました…。

でも実はあるポイントを抑えることによって、お部屋が劇的に広くまとまって見せることができるんです!

この記事では、その5つのポイントを公開していこうと思います。今一人暮らしで、お部屋が狭くてごちゃごちゃしているという方は最後まで見ていって下さいね!

 

お部屋を広く見せるための5つのポイント

ポイント1:明るいお部屋は部屋を広くみせてくれる

明るいお部屋

明るいお部屋は広く見えます。壁を白や淡いカラーにするととても効果的です。壁に間接照明をつけたりするのもおすすめ。

ベッドやソファなどの面積を多くとる家具も、壁や天井と同じトーンで統一すれば広く見せる効果がアップします。

また、空間を広く見せる色を「後退色」といい、逆に狭く見せる色を「進出色」と言います。

壁や天井などの面積を多く取る部分に淡い色を使い、床に濃い色を持ってくれば空間に奥行きが出て部屋を広く見せることができるテクニックもあります!お部屋の壁紙やカーペットなどを変えれそうならやってみて下さい。

 

ポイント2:複数の機能がある家具を使う

複数の機能がある家具を使う

ソファベッド、収納付きベッドなど、1台2役の家具は空間を節約することができます。一人暮らしのお部屋には積極的に取り入れていきましょう。

ベッドと収納が必要な時、ベッドと収納それぞれに場所を取るより、2つの機能を一箇所にまとめられた方が場所の節約になります。

収納機能のついたデーブル、収納付きソファなど、1台2役の家具はいろいろあります。

そういった家具をたくさん取り入れることによって、狭い部屋を有効的に使うことができるんです。

どうしても1つの機能しかない家具を選ぶ場合は、折りたためるタイプを選ぶといいと思います。使わないときは片付けることができるので、スペースを有効的に使うことができます。

 

ポイント3:部屋に広いスペースを作ることを意識する

広いスペースを作る

部屋に大きなスペースができるようにしましょう。狭い空間がちょこちょこあるよりも、一ヶ所に大きな空間があるほうが部屋を広く見せることができます。

そして、人が歩くスペースを妨げないように家具を配置して、床が見えるスペースをできるだけ広く取るようにしましょう。床が見えると、全体的にスッキリを見せることができます。

散らかっていなくても部屋が汚く見えるのは、まとまっていないからです。

「狭い部屋だからそんな空間作れないよ!」

と思うかもしれませんが、家具と家具の隙間をくっつけるとか、3段の棚を4段にするとか、できる工夫をしてみてください。

 

ポイント4:大きな鏡を置く

大きな鏡を置く

鏡は空間をそのまま写してくれるので、目の錯覚を利用してお部屋を広く見せてくれる効果があります。

何も置いていない空間を写すように設置するとより効果的。奥行きが広がり、部屋を広く見せてくれます。

また、窓の外や景色が写るように設置するのもいいと思います。外の光も入ってきて、部屋全体の明るさがアップします。

 

ポイント5:ドアを開けた時に大きな家具が見えないようにする

ドア

ドアを開けた時に大きな家具が見えてしまうと、圧迫感を感じてしまいます。

圧迫感は、部屋を狭く見せてしまう原因になります。それを部屋に入った瞬間から感じてしまうと、そのイメージはずっと消えません。

大きな家具は、ドアを開けて1番最初に見えない位置に起きましょう。

ただ、極力自分より背の高い家具は置かないことをおすすめします。収納が小さいなどの理由でどうしても置かないといけない場合は、壁と近いカラーのものを選びましょう。壁と家具が同化して圧迫感を和らげてくれます。

 

狭いお部屋も工夫ひとつで広く見せることができる!

あとは常に整理整頓を心がけて、ごちゃごちゃしないようにしましょう。

狭い部屋でも、ちょっとしたポイントを押さえることによって一気に部屋を広く見せることができるんです。

今のお部屋が狭いのが悩みという方は、この記事を参考にインテリアを見直してみてみてくださいね。

ライタープロフィール

ナガシマナツミ
ナガシマナツミライター
シンプルなインテリア、デザインが好きです。白を基調に、ワンポイントにピンクやイエローを取り入れた女の子らしいお部屋で暮らしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。