0

ファブリックでインテリアを「クリスマス」仕様にしよう!

街中であたたかそうなコート姿や、冬らしいイルミネーションを見かけるようになったこのごろ。 みなさん、いかがお過ごしですか? 筆者のまわりではこのところ、忘年会や年末年始休暇、年賀状の話が飛び交い、なんだか気ぜわしい雰囲気 …

街中であたたかそうなコート姿や、冬らしいイルミネーションを見かけるようになったこのごろ。

みなさん、いかがお過ごしですか?

筆者のまわりではこのところ、忘年会や年末年始休暇、年賀状の話が飛び交い、なんだか気ぜわしい雰囲気がただよっていますが、それもそのはず!12月の足音がすぐそこまで迫っているんですね。

12月といえば、忘れてならないイベントがクリスマス!

忙しい時季とはいえ、インテリアをクリスマス仕様にしたい、とお考えのかたも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、手軽にお部屋をクリスマス仕様にできる「ファブリック」をテーマに、おすすめのインテリアアイテムをご紹介していきたいと思います。

「クリスマスなんて自分には関係ないし・・」というかたも、あたたかみのあるファブリックで、ほっこりと癒されてみてはいかがでしょうか。

ワンコーナー、ワンアイテムでも、クリスマスらしい雰囲気をプラスすると気分も上向きになりますので、ぜひお試しくださいね。

場所を取らない「ツリータペストリー」で、手軽にクリスマス気分を♪

クリスマスの飾りといえば、「クリスマスツリー」が定番中の定番。

「飾りたいけど、大きなツリーは場所を取るし、収納場所も確保しなきゃいけないし・・・」というかたにおすすめなのが「ツリータペストリー」です。

昨年のクリスマスシーズンには、instagram(インスタグラム)を中心としたSNSで、ツリータペストリーの写真がたくさん投稿されていたので、ご存知のかたも多いかもしれませんね。

ツリータペストリーなら、場所を取らない上、本物のツリーと比べて、飾り付けや片付けが楽チン。

ぶつかって倒れたり、床にちらばったオーナメントを何度も片付けたり、という心配や手間も少ないため、小さなお子さんのいらっしゃるご家庭には特におすすめですよ。

おしゃれなガーランドやオーナメント、手描きのイラストなどでアレンジすれば、自分だけのスペシャルなクリスマスツリーに。SNS映えも狙える、おしゃれなツリーを目指してみてはいかがでしょうか。

さこももみデザインのクリスマスツリータペストリー

さこももみデザインのクリスマスツリータペストリー

さこももみデザインのクリスマスツリータペストリー01

出典:nunocoto

こちらは、イラストレーターや絵本作家として活躍されている、さこももみさんがデザインを手がけたツリータペストリー。

イラストのサイズは高さ145cm・幅91cmとビッグサイズ(タペストリー本体のサイズは154cm×102cm)です。

和紙を揉んで貼り付けるコラージュ手法でつくられた味わい深いツリーの中には、絵本から抜け出してきたような愛らしい動物たちや、アドベントの数字が。そのまま飾っておくだけでもおしゃれな空間がつくれる、おすすめのタペストリーですよ。

Cassina IXC.(カッシーナ・イクスシー)限定アイテム・2017オリジナルオーナメント&リース

Cassina IXC

Cassina IXC01

出典:Cassina IXC.(カッシーナ・イクスシー)

クリスマスツリーをおしゃれに飾るなら、こちらはいかがでしょうか。

2017年のミラノサローネサテリテにも出展し、注目を集めるテキスタイルデザイナー、氷室友里さんがCassina IXC.(カッシーナ・イクスシー)のためにデザインした、『snip-snap』シリーズの新作が可愛らしいオーナメントやリースになって登場しました。

このテキスタイルは5色の糸で織り込んだ二重構造仕立てになっていて、表地の少し浮いている糸をカットすると、中からリスや鹿、小鳥の柄が出てくるというユニークな仕掛けがほどこされたもの。

オーナメントもリースも、それぞれ柄の出方やカットの仕方で、ひとつひとつ表情が異なるのが魅力です。

丸みのあるころんとしたフォルムにも癒されますね。

他にも、同シリーズのクッションカバーやファブリックボード、ジャカード織りの技術を応用し表と裏で柄が変化する『hide&seek』シリーズの新作テキスタイルを使ったランチョンマット、ポーチなどがあり、これらはすべてカッシーナ・イクスシーでしか入手することのできない限定品。

ご友人や大切なかたへのクリスマス・ギフトにもおすすめですよ。

「窓に貼るファブリック」で、時短&簡単なクリスマスデコレーション!

お次は、ツリータペストリーよりもさらに場所を取らない、”窓ガラスに貼る”ファブリックをご紹介。

スイスのファブリックメーカー、creation bauman(クリエーション バウマン)が手がける『GECKO IN THE BOX(ゲッコー イン ザ ボックス)』は、「お部屋をクリスマスっぽくしたいけど、時間がない」というかたにも、おすすめしたいプロダクトです。

シリコンコーティングを裏面にほどこして、窓ガラスに貼ったりはがしたりを自由にした不織布の生地は、言うなれば、ファブリック製のステッカー。

毎年人気のクリスマスシリーズに、今年もまた新しいデザインが仲間入りしたので要チェックです!

雪の結晶やスノーマン、トナカイなど、おしゃれでキュートなモチーフを窓に貼れば、たちまちお部屋がクリスマスらしい雰囲気に。

ウィンターシーズンを華やかに盛り上げる窓辺を、時短&簡単に演出できます。

小さなお子さんのいらっしゃるご家庭では、親子一緒にデコレーションを楽しむのもおすすめ。

思い出づくりの良いイベントになりますね。

GECKO IN THE BOX(ゲッコー イン ザ ボックス)

GECKO IN THE BOX

GECKO IN THE BOX01

出典:creation bauman(クリエーション バウマン)

こちらは2017年冬の新作。

上の写真、『X-MAS VARIA(クリスマスバリア)』は、クリスマスにちなんだステッカーがたっぷり34ピース。

下の写真の『X-MAS VILLAGE(クリスマスビラージュ)』は、スイスの家や牧場、山小屋など、のどかな村の風景をイメージさせる32ピースとなっています。

新作以外のクリスマスシリーズも、アドベントカレンダーをモチーフにしたものや、雪景色が楽しめるデザインなど、バラエティ豊富。

組み合わせ次第で、デコレーションの幅がぐっと広がりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。