0

犬が好きな方必見!飼う時の注意点とおすすめインテリア家具3選

私たちに癒やしや充実感を与えてくれるペット。その中でも、犬は大型や小型を問わず人気があります。私も犬が大好きで、以前はシーズーを飼っていました。愛犬のかわいさと言ったらもう……。実際に「犬を飼って癒やされたい〜」と思って …

私たちに癒やしや充実感を与えてくれるペット。その中でも、犬は大型や小型を問わず人気があります。私も犬が大好きで、以前はシーズーを飼っていました。愛犬のかわいさと言ったらもう……。実際に「犬を飼って癒やされたい〜」と思っている方も多いでしょう。

しかし、犬と暮らすなら特に注意しなければならないことがあります。それは、インテリア。今回は、実際に8年間犬と暮らしてきた私が、犬を飼う上でのインテリアの注意点についてお話しします。犬を飼い始めた方やこれから飼おうと思っている方は要チェック!

犬と暮らしてよかったこと

犬
私は小学4年生のときに犬を飼い始めてから、約8年間一緒に愛犬と暮らしてきました(今は亡くなってしまったのですが)。パッチリおめめやプリケツ、甘えん坊な性格など、かわいさを語らせたら1日では終わりません……。(笑)

しつけやお世話など大変なこともたくさんありましたが、「一緒に過ごせて本当によかったなあ」と思っています。犬を飼いたいと思っている方、犬と暮らすのは本当におすすめです!

そこでまずは、愛犬のシーズーとの実体験をもとに、犬と暮らしてきてよかったことをピックアップします。

散歩に行くと運動になる

犬を飼うと、基本的に散歩は必要不可欠。1日1回〜2回ほど散歩をしに出かけます。そのため、普段あまり運動をしない方にとっては、良い運動になるでしょう。

外に出るのが少し面倒くさいと感じても、「愛犬の散歩のためだから」と自分に鞭を振るって散歩に出かけるはず。緑豊かな公園などに行けば、気分もリフレッシュできますよ。

癒やされる

愛犬と暮らしてよかったと思う大きなポイントのひとつは、なんといっても癒やされること。人懐っこい性格の犬が多いので、落ち込んでいるときでもあなたにくっついて励まし癒やしてくれるでしょう。

私は以前、失恋して部屋でひとりで泣いていたときに、愛犬になぐさめてもらった経験があります。泣いている私のヒザの上に、そっと座ってくれました。その愛犬のかわいさに、失恋なんてどうでもよくなりました……。

ストレス社会において毎日心が疲弊していても、家に帰ればかわいい愛犬があなたを癒やしてくれますよ♪

毎日が楽しくなる

「毎日がとにかく楽しくなる!」

愛犬と暮らしてよかったことは、とにかくこのひとことにまとめられます。じゃれ合いの時間も、散歩で一緒に見た景色も、一緒に昼寝をしたことも、すべてが宝物です。

また、愛犬との時間だけでなく、愛犬をきっかけにして家族との交流も増えました。一人暮らしをしている方ならば、家に帰ってもひとりではなくなります。仕事の愚痴も恋愛相談も、笑顔で聞いてくれるでしょう。

犬と暮らす際のインテリアの注意点

注意点
犬と暮らすには注意しなければいけないことがたくさん。その中でもインテリアは、特に注意が必要です。愛犬と快適に暮らすためにも、部屋づくりに気を使わなければならないのです。

そこで次に、私が実際に注意したことも含めて、インテリアのポイントをお話しします。

毛足が短いラグマットを敷く

犬は部屋を散らかすのが大得意。ゴミ箱をひっくり返したりごはんをばらまいたり、しつけの途中である子犬の頃に部屋が汚れるのは日常茶飯事です。そのため、掃除を楽にするためにも、ラグマットは毛足が短いものを選びましょう。毛足が長いと、ゴミが絡まって掃除しにくいのです。

おとなしい犬でも、毛が抜ける犬種なら要注意。抜けた毛がラグマットに絡まると、掃除がかなり大変になってしまいますよ。

コンセントのコードを床に置かない

室内で犬を飼うなら、コンセントのコードにも注意しましょう。犬が噛みちぎってしまい、感電する可能性があるのです。

できる対策としていちばん有効なのは、コンセントのコードを床に置かないこと。手の届かない高い場所に置いてくださいね。

クッションは丈夫なものを

犬は、靴下やぬいぐるみ、布団など、なんでもおもちゃにしてしまいます。クッションも例外ではありません。オモチャにされて、中身がボロボロになってしまう可能性が……。そのため、カバーが丈夫なクッションを選んでくださいね。

革のソファは避ける

多くの犬は、床やラグなどを引っかいたり掘ろうとしたりします。もちろん、ソファでも。そのため、引っかき癖があるならば、革のソファはおすすめしません。すぐにボロボロになってしまいますよ。

犬と暮らす部屋に置きたい家具3選

最後に、家具・インテリア通販ショップのモダンデコから、犬と暮らす部屋に置きたい家具を3つピックアップします。家具にもこだわって、充実したワンコライフを送ってくださいね♪

ソファ

ソファ

こちらのソファは、カラフルなパッチワークが特徴です。布素材でできているので、引っかかれても革ほどすぐにボロボロにはなりません。また、派手なデザインの分、布がくたびれてきても目立ちにくくなっています。

ラグマット

ラグマット

こちらのラグマットは、ヘリンボーン柄を取り入れているので、どんなお部屋のインテリアにも似合いやすいのが特徴です。さらっとした触り心地でクッション性も高いので、人間も犬も快適に使えます。

また、丸洗いできるため、万が一汚されてしまっても安心!いつも清潔な状態を保てます。

ダイニングテーブル

ダイニングテーブル

こちらのダイニングテーブルは、背が高めなので、テーブルの上に犬が登りにくくなっています。チェアをしっかりとテーブルの中にしまっておくことで、留守番中のいたずらも防げます。

やさしい木目調のデザインなので、ナチュラルテイストのお部屋にぴったりです。

ライタープロフィール

かしみん
かしみん
ライター3年目。1DKの賃貸マンションに住んでいて、「次に引っ越す家には書斎が欲しいなあ」と夢見る日々。

散歩の時間と眠りにつく瞬間がだいすきです。人生のBGMはサザンオールスターズ。とろけるチーズは飲みものだと思って生きています。

One response to “犬が好きな方必見!飼う時の注意点とおすすめインテリア家具3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。