0

一大トレンド!「アウトドアリビング」ファニチャー特集

  みなさん、こんにちは。5月も半ばになり、新緑が目に眩しいこのごろ、いかがお過ごしですか? ゴールデンウィークや休日には、バーベキューをしたり、スポーツに興じたり。アウトドアを楽しまれたかたも多くいらっしゃっ …

 

みなさん、こんにちは。5月も半ばになり、新緑が目に眩しいこのごろ、いかがお過ごしですか?

ゴールデンウィークや休日には、バーベキューをしたり、スポーツに興じたり。アウトドアを楽しまれたかたも多くいらっしゃったのではないかと思います。

アウトドアブームが再来したといわれるここ数年、キャンプ人口も年々増加しているそうですが、2018年もその勢いはとどまるどころか、さらに加速している感があります。

大規模なアウトドア専門店がオープンしたり、全国のいたるところでアウトドアに関連するフェスティバルが催されたり。これからの本格的なアウトドアシーズンに向けて、ますます盛り上がっていくのではないでしょうか。

 

今年1月の記事、『2018年のインテリア、何が流行る?!抑えておくべき、2017年からのトレンド傾向』でもお伝えしましたが、インテリアにおいては昨今、「アウトドアリビング」が一大トレンド。

2015年ごろから、各ハウスメーカーもこぞって、アウトドアリビングを取り入れた提案をおこなっています。アウトドアリビングの人気は今や、20代や30代にとどまらず、60代・70代にも広がっているとのこと。

家の中で気軽にアウトドア気分を楽しんだり、ちょっとした贅沢を味わう。そんなライフスタイルがどの世代にも浸透してきた、と言えるのかもしれませんね。

そこで今回は、アウトドアリビングにおすすめの家具をピックアップ。ラグジュアリーとリーズナブル、2つの視点でセレクトしましたので、よろしければ最後までお付き合いください。

半戸外でも安心! アウトドア仕様のラグジュアリー・ソファ4選

アウトドアリビングのリラックス度をグンとアップさせるために、ぜひ取り入れてほしいアウトドアファニチャーといえば、ソファをおいて他にはありません。

ソファといえば大半は家の中で使う仕様かと思いますが、海外のブランドを中心にアウトドアでの使用にも耐えられるものが、かなり増えてきていますので、要チェックです!

アウトドア仕様のソファは、中庭やルーフバルコニー、ウッドデッキなど半戸外に置いても傷みにくく、手入れも簡単。撥水加工がほどこされ、色褪せもしにくい、と機能性に富んだものが揃っています。

ここでは、そんなアウトドア仕様のソファの中から、「アウトドアだけじゃなく、室内にも取り入れたい!」と思われるような、スタイリッシュでラグジュアリーなソファをセレクトしました。

Cassina IXC.『LC3 OUTDOOR』

 
Cassina IXC.『LC3 OUTDOOR』
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:Cassina ixc.(カッシーナ・イクスシー)

まず初めにご紹介するのは、かのル・コルビジェ氏がデザインしたソファ『LC3』。シンプルモダンな佇まいはもちろん、ゆったりとした座り心地もそのままに、アウトドア仕様に仕立てています。

フレームは、腐食加工をほどこしたステンレススティール。ファブリックはPVC(ポリ塩化ビニル)コーティングにより耐久性を高めたポリエステルのものと、防汚アクリル繊維を採用したものの2種類から選ぶことができます。

速乾性・防臭機能に富んだ、自己脱水型のポリウレタンクッションを採用しているため、アウトドアリビングのみならず、小さなお子さまやペットのいるご家庭のリビングにもおすすめです。

 

B&B Italia『Canasta』シリーズ

Italia『Canasta』シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:B&B Italia

次にご紹介するB&B Italiaの『Canasta』シリーズは、いま大注目の女性デザイナー、パトリシア・ウルキオラ氏によるもの。Canastaとは、スペイン語で「バスケット」を意味する言葉ですが、藤で編んだバスケットのように見えるフレームは、なんとアルミニウム製なのだとか。

丸い形をしたローソファや、背もたれを大きく取ったアームチェア、ロータイプのコンパクトな長椅子など、ラインナップはどれも独創的なデザインばかり。シートやクッションは、撥水加工をほどこされたファブリックでつくられているため、雨が振り込む場所にも安心して置いておけますね♪

 

PAOLA LENTI(パオラ・レンティ)『AMI』シリーズ

PAOLA LENTI(パオラ・レンティ)『AMI』シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:alflex(アルフレックス)

alflex(アルフレックス)で取り扱っている『AMI』シリーズは、イタリア・ミラノのブランド、PAOLA LENTI(パオラ・レンティ)のもの。エレガントでありながら存在感のあるデザインが、ひときわ目をひきます。

紫外線や海水にさらされても、色あせないよう研究・開発したという、耐久性の高いオリジナル素材が魅力。本体は250色以上、シート・クッションは200色以上(!)と、カラーバリエーションが豊富な点にも注目のプロダクトです。

 

DEDON(デドン)『Brixx』コレクション

DEDON(デドン)『Brixx』コレクション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:DEDON(デドン)

ロサンゼルスで行われたブティックデザイントレードフェア「BDwest2017」において、屋外部門で最高の栄誉を受賞したのがこちら。”裸足のラグジュアリーの実現”をブランドコンセプトとするドイツのブランド、DEDON(デドン)の『Brixx』コレクションです。

『Brixx』は、本ブランド初となる完全布張りのコレクション。ロータイプのソファモジュールに、クッション、サイドテーブルなどを自由に組み合わせて、さまざまなレイアウトを楽しむことができるガーデン・ファニチャーは、アウトドアリビングにおける楽しみの幅を格段に広げてくれそうです。

 

コンパクトな屋外空間に! 気軽でリーズナブルなアウトドアファニチャー3選

さて今度は、先ほどとは打って変わって、アウトドアリビングを気軽に楽しむための、比較的リーズナブルなアウトドアファニチャーをご紹介していきます。

ベランダやテラスといったコンパクトな屋外空間に取り入れやすいのが、折りたたみ式など場所を取らないもの。また、軽量で持ち運びが便利、戸外でのキャンプでも活躍しそう、といった家具ではないでしょうか。

ここではそうした現実的な取り入れやすさも満たしながら、おしゃれでリゾート気分を味わえるものをセレクトしました♪

PATIO PETITE(パティオ・プティ)『サハラ』シリーズ

 

PATIO PETITE(パティオ・プティ)『サハラ』シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:PATIO PETITE(パティオ・プティ)

今年新たに15アイテムが追加となり、要注目なのが、PATIO PETITE(パティオ・プティ)のアウトドアファニチャー、『サハラ』シリーズです。

腐食や変色のしにくい人工ラタンを編み上げたクラフト感のある家具は、機能的でありながら、とってもおしゃれ。リゾートテイストを気軽にプラスできる点でも魅力的です。

ニューアイテム中、一番のおすすめは写真の『サハラ・ワゴン』。食材や食器を運ぶのにはもちろん、サイドテーブルやミニバーとしてなど、利用シーンが多彩。さらに、折りたたみができるため、収納や持ち運びにも便利なこと請け合いですよ。

 

PATIO PETITE(パティオ・プティ)sudare by nendo

PATIO PETITE(パティオ・プティ)sudare by nendo

 

 

 

 

PATIO PETITE(パティオ・プティ)sudare by nendo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:PATIO PETITE(パティオ・プティ)

次に紹介するこちらも、同じくPATIO PETITE(パティオ・プティ)のもの。今をときめくデザインスタジオ「nendo」が2014年にプロデュースした『sudare by nendo』は、スダレをモチーフにした、ユニークかつフレキシブルな家具コレクションです。

チェア、テーブルともに、使わない時は折りたたむことができる上、自立してパーティションになる優れもの。テーブルは、スダレを固定する位置を変えるだけで、天板と高さを3段階に調節することが可能です。

そぎ落とされたシンプルなデザインにアイディアがいっぱい詰まった家具は、コンパクトなアウトドアリビングにぴったりですね。

 

LaForma(ラフォーマ)MALIBUシリーズ

LaForma(ラフォーマ)MALIBUシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:LaForma (ホームステージングジャパン)

最後にご紹介するのは、先ごろ日本でも一般向けに販売が開始された、スペインのインテリアブランド「LaForma(ラフォーマ)」のアウトドアファニチャー。洗練されたデザインと高い品質で、常にトレンドをリードする本ブランドは、ヨーロッパの若者を中心に人気を集めており、要チェックです!

日本のコンパクトな屋外空間でも活躍しそうなのが、写真左側のバースツールとテーブル。陽光を浴びながら朝食をとったり、夜にはグラスを傾けたり、アウトドアリビングの気軽な楽しみかたにぴったりとフィットするサイズ感です。初めてアウトドアファニチャーを取り入れるかたにもおすすめですよ。

 

ライタープロフィール

Mina Ukai
Mina Ukai
大手メーカーカタログやホームページ掲載のインテリアアイテムの販促用コピーライトや、リフォーム事例の紹介を数多く手がけているフリーライター。好きなインテリアのテイストは、北欧系、ヴィンテージミックススタイル。自宅では、小さな子どもがいてもすっきりと片付くインテリアを模索する日々。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。