0

インテリアはカラー構成がポイント!初心者向けの「色」に注目した部屋作り

あなたは家具を選ぶとき、どのようなポイントを重視しますか? デザイン?大きさ?はたまた機能? 家具をチョイスするこだわりポイントは、人それぞれですよね。 さまざまある注目ポイントの中でも、センスのいいインテリアに重要なの …

あなたは家具を選ぶとき、どのようなポイントを重視しますか?

デザイン?大きさ?はたまた機能?

家具をチョイスするこだわりポイントは、人それぞれですよね。

さまざまある注目ポイントの中でも、センスのいいインテリアに重要なのは「色」。たくさんの色を取り入れてしまうと、ごちゃごちゃしたような空間になってしまうのです。しかし、意外とカラーに注目して選ぶ人はいません。

特にインテリア初心者は、色を考慮せずに家具選びをしてしまい、まとまりがない部屋を作りがちです。

そこで今回は、センスがキラリと光るインテリアにするための、カラー構成についてご紹介します。「今まであまり色に注目していなかった」という方は、要チェックですよ!

インテリアで重要な3つのカラー構成

重要な3つのカラー構成
インテリアに使う色は、基本的に3つ!3つのカラーだけで部屋作りをすれば、まとまりのある部屋になります。……といっても、選ぶ色や取り入れる面積を間違えると、一気にダサい部屋に。

おしゃれでまとまりのあるスペースを作るためにも重要になってくるのが、「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」にどのような色をどのくらい取り入れるのか。まずは、それぞれのカラーの説明やおすすめの色、取り入れる面積について見ていきましょう!

ベースカラー

ベースカラーとは、インテリアのベース、つまり土台となるような色のこと。壁や床、天井などに使われる背景のカラーです。

ベースカラーの理想の面積は、部屋の70%。いちばん広い部分に使われる色なので、派手なカラーよりも落ち着いたカラーを選びましょう。賃貸物件などではあらかじめ決まっていて取り替えられない部分のため、あえて自分で色味をチョイスする人は少ないはず。

もし、ベースカラーを何にするかで悩んでいるのであれば、ホワイトやベージュ、ブラウンなどのシンプルな色がおすすめです。ホワイトやベージュの明るいカラーであれば、部屋を広く見せてくれる効果もありますよ♪

メインカラー

メインカラーとは、インテリアの中心になる色のこと。基本的に、テーブルやソファ、キャビネット、カーテン、ラグなどの家具のカラーです。

メインカラーの理想の面積は、部屋の25%。ベースカラーの次に広い面積を占めるので、部屋の雰囲気を大きく左右しています。家具選びをするときは、メインカラーであることを考慮しながら選ぶのが重要なのです。

無難でおしゃれな部屋を作りたいのなら、薄いブラウンや濃いブラウン、ホワイト、ベージュなどのカラーがぴったり。少し冒険するならば、パステルカラーで家具をそろえても、やさしい雰囲気が出ておすすめです。

アクセントカラー

アクセントカラーとは、インテリアのポイントとなる色のこと。クッションや照明器具などの小物類のカラーです。インテリア上級者は、ソファなどの大きな家具に取り入れることも。

アクセントカラーの理想の面積は、5%。面積としては少ないですが、部屋のイメージに大きな影響を与えます。「アクセントカラーこそ部屋の主役になっている」と言っても過言ではありません。

そんなアクセントカラーは、ブルーやレッド、グリーンなどのはっきりとした色を選ぶと、部屋がキュッと引き締まります。柄物が好きならば、このアクセントカラーで取り入れましょう。

インテリア初心者へ!まとまりのある部屋を作るカラーテクニック

カラーテクニック
ベースカラー・メインカラー・アクセントカラーに注目して家具や小物選びをすることで、まとまりのあるインテリアを作り上げられます。次に家具を購入する機会があれば、ぜひ色を意識して選んでみてくださいね。

次は実践編!インテリア初心者に贈るカラーテクニックをご紹介します♪

同系色で統一

「この家具かわいい!」「あの家具おしゃれ!」といってデザインだけで家具を選んでいたら、色がバラバラだった……なんてことはありませんか?カラーが多いとごちゃごちゃした印象を与えるので、家具は同系色で統一してしまいましょう。

同系色の家具を集めれば、どのようなデザインでも不思議とまとまりのある部屋になりますよ。

部屋を広く見せたいなら膨張色を使う

「狭い部屋を広く見せたい」という場合は、ホワイトやベージュなどの明るい色を取り入れましょう。

こういった明るい色は「膨張色」と言われており、部屋を膨張、つまり広く見せる効果があるのです。

アクセントカラーは合わせる

ベースカラーやメインカラーはそれぞれ合わせても、アクセントカラーにさまざまな色を使っているのなら、苦労は台無し……。クッションはレッド、照明はブラウン、ソファはブルーのようにたくさんの色を取り入れたら、乱雑な印象を植え付けてしまうのです。そのため、アクセントカラーは統一してくださいね!

色を重視した家具のコーディネート術

最後に、家具・インテリア通販ショップのモダンデコから、家具のおすすめコーディネートをピックアップ。色を重視しているので、カラーセンスに自信がない方は参考にしてくださいね!

ダイニングテーブル×ラグ

ダイニングテーブル×ラグ
(出典:https://www.modern-deco.jp/products/detail.php?product_id=243)
ダイニングテーブル×ラグ
(出典:https://www.modern-deco.jp/products/detail.php?product_id=52)

シンプルなデザインのダイニングテーブルとラグ。どちらもメインカラーなので、同系色で落ち着きのあるカラーを選びましょう。

ダイニングテーブルはナチュラル、ラグはベージュやアイボリーがおすすめです。

ソファ×照明

ソファ
(出典:https://www.modern-deco.jp/products/detail.php?product_id=500)
照明
(出典:https://www.modern-deco.jp/products/detail.php?product_id=159)

ヴィンテージ感のあるレザーのソファとモダンな雰囲気の照明。ソファはメインカラーですが、アクセントカラーにしても◎!そこで、アクセントカラーの照明と色味を合わせてみてはいかがでしょうか。

ヴィンテージキャメルのソファには、ナチュラルの照明。ヴィンテージブラウンのソファには、ブラウンの照明をチョイス♪

ライタープロフィール

かしみん
かしみん
ライター3年目。1DKの賃貸マンションに住んでいて、「次に引っ越す家には書斎が欲しいなあ」と夢見る日々。

散歩の時間と眠りにつく瞬間がだいすきです。人生のBGMはサザンオールスターズ。とろけるチーズは飲みものだと思って生きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。