0

開運! 2021年はトレンドの「グレー&イエロー」でポジティブに!

  みなさん、こんにちは。いろいろあった2020年も残りわずか。今なお、見えない脅威が身近に潜み、落ち着かない日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 この時季、毎年発表されているのが『パントン・カラー …

 

みなさん、こんにちは。いろいろあった2020年も残りわずか。今なお、見えない脅威が身近に潜み、落ち着かない日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

この時季、毎年発表されているのが『パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー』。2021年のトレンドカラーとして、今回は2015年以来、5年ぶりに2色のコンビネーションが選ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:Pantone UK

その色とは、”アルティメット・グレー” と ”イルミネイティング”(光り輝くイエロー)。パントン社いわく、「永続的な強さと希望のメッセージを伝える色の組み合わせを象徴するカラー」として、この2色を選んだということです。

これらの2つの独立した色が互いを引き立て合うことで彷彿させるのは、より深い思いやりの気持ちと太陽の光に満ちた楽観的な一日。人々が自分自身をチアアップする方法を探し、今後も続く不確実性を克服しようとしているとき、エネルギーに満ちた大胆な色合いが私たちの活力を満たしてくれます。洞察力、革新性、直感と結びつき、知恵、経験、知性を尊重する色の組み合わせが“再生”を促し、新しい考え方や概念に向けて前進させるのです

(パントン社公式ページより)

パントン社は上記のように、ウィズコロナ時代の世界に向けてチアアップするメッセージを発信しています。『パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー』は、インテリアをはじめ多くの業界に影響を与えていますから、来年はグレー+イエローの組み合わせを見かけることがグッと増えるかもしれませんね。

イエローは2021年ラッキーカラーのひとつ!

特にイエローは、ラベンダー・ベージュとともに、2021年の幸運を引き寄せるラッキーカラーにも選ばれていますから要チェック!!

風水における金運アップの色でもあるイエローは、笑顔、健康、やる気、新しい変化をもたらしてくれるカラー。ベージュは、家庭や財産を築き、有意義で新しい人脈をもたらしてくれるカラー。ラベンダーは、病気などあらゆる厄を払い落とし、幸運を引き寄せてくれるカラー、とのこと。

ちなみにグレーはというと、風水においては「ステイタス」を意味する色。”主人の方位” とされる北西と関係が深く、家の中で北西に位置する場所に取り入れると吉なんだとか。白と組み合わせると金運アップに効果があるとされていますよ。

ある有名な風水師の先生を取り上げた記事には

  • ひとつでいいのでいい家具を置く
  • ブランド食器を飾って収納
  • 便利さと格を融合したインテリア
  • きれいな布を額装して飾る

といったことが、風水に基づいた運気が上がる空間づくりのポイントとして挙げられていました。高級感やこだわりを感じられるインテリアが、ストレスを軽減し大きな運を呼び込むことにつながる、ということなので、よろしければご参考になさってくださいね♫

「グレー+イエロー」でインテリアを格上げ♪

さて、ここまでのお話で「グレー+イエローをインテリアに取り入れたい」と思われた人もいらっしゃるでしょうか?

グレーは調和の色と言われ、周囲の色を引き立てる役回り。一方、イエローはビタミンカラーと言われ、食欲増進やコミニュケーションが活発になる、といった効果が有名。まさに、インテリアにはもってこいの2色といえます。

もともと相性の良い色合わせであるグレー+イエローは、インテリアにおいても人気が高く、特に北欧スタイルのコーディネートでは、もはや定番と言って間違いないでしょう。モダンはもちろん、カフェスタイルやインダストリアルなインテリアにもおすすめ。上手に取り入れれば、格段とセンスのいい空間づくりが叶うこと請け合いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:a-flat

グレー+イエローをインテリアに取り入れる上で一番のポイントは、グレーをベースカラー、イエローをアクセントカラーにすること。たとえば、面積の大きいソファやカーペットなどはグレー、クッションやチェア、照明器具などの小物類をイエローにする、といった具合。寒色のグレーに暖色のイエローをバランスよく合わせることで、お部屋の雰囲気や居心地がアップしますよ。

”アルティメット・グレー” と ”イルミネイティング” は、ほどよいコントラストの組み合わせですが、もう少しさわやかな印象にしたいなら、ライトグレーやパステルイエローに振っても○。ダークグレーやマスタードイエローなら、モダンな印象が強まります。

グレー+イエローは、ホワイトやブラック、グリーン、木目やストーンなどとの相性も抜群で、コーディネートしやすいのが大きな魅力。素材であたたかみやカジュアルさをプラスするなど、自分らしいインテリアに仕上げてみてはいかがでしょうか?

______________________________________________

★マスタードイエローをテーマにした、こちらの過去記事もよろしければチェックしてみてください★

 >>>「新トレンドカラー「マスタードイエロー」で秋仕様インテリア♪」(2019年9月)

色を味方に、明るい一年を迎えましょう!

ここまで『パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2021』に紐づき、グレー+イエローについてお話してきましたが、一方、日本流行色協会が発表した2021年のテーマカラーは「ゼロホワイト」。こちらもコロナ禍の今を映し出すような色選びがされていました。

”ゼロから考える” ”清廉潔白” ”清潔” といったイメージのある、明るくクリーンなホワイト。日常生活や社会経済など、大きな変化があった2020年を経て、2021 年はこの変化を前向きにとらえ、新しいスタートを切る年。そんな思いが込められたホワイトも、2021年はぜひ取り入れていきたいカラーと言えます。

日本流行色協会がさらに、ゼロホワイトと組み合わせての活用を呼びかけているのが、フレッシュブルー(ライトブルー)、インサイトグレー(ライトグレー)、ディライトピンク(ビビッドなピンク)、バイタルイエロー(ビビッドなイエロー)の4色。

これらもパントン社のグレー+イエローと同様、2021年のインテリアトレンドとして覚えておくのもいいかもしれませんね。

2021年は引き続き、おうち時間が長くなりそうな予感。お部屋のインテリアを楽しんだり、よりリラックスできる空間に整えることが、きっと幸運を呼び寄せることにつながるはずですよ!

ライタープロフィール

Mina Ukai
Mina Ukai
大手メーカーカタログやホームページ掲載のインテリアアイテムの販促用コピーライトや、リフォーム事例の紹介を数多く手がけているフリーライター。好きなインテリアのテイストは、北欧系、ヴィンテージミックススタイル。自宅では、小さな子どもがいてもすっきりと片付くインテリアを模索する日々。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。