0

NEWオープン続々!いまチェックしたい沖縄のホテル5選

ジメジメした梅雨が過ぎればやってくる、令和になって初めての夏。 早い人はすでに、夏休みのスケジュールをバッチリ立てているのではないでしょうか。 今年の4月からは有給休暇の取得が義務化になり、今までより夏休みが取りやすくな …

ジメジメした梅雨が過ぎればやってくる、令和になって初めての夏。
早い人はすでに、夏休みのスケジュールをバッチリ立てているのではないでしょうか。
今年の4月からは有給休暇の取得が義務化になり、今までより夏休みが取りやすくなったという人も。
最長9連休となるお盆休みを中心に、旅行数も増加が見込まれています。
実際、つい先ごろ『じゃらんnet』が発表した、お盆休みを含む夏の旅行の予約状況は、昨年の夏に比べて約10%アップとのこと。
まだ予定が決まっていなくて、「夏休みにどこか行きたい」とお考えなら、検討を急いだほうがいいかもしれませんね。
ちなみに、国内では、北海道、沖縄、東京が3大人気旅行先なんだとか。これらの地域では、新しいホテルも近年続々とオープンし、話題となっています。

国内リゾートの筆頭「沖縄」に新ホテルが続々誕生

中でも今回、筆者が注目したのは沖縄。アジアを含めた外国人観光客数が右肩上がりで、九州以上に人気が高まっている沖縄には、この数年内にホテルの開業ラッシュが待ち構えています。
2020年春には、かの星野リゾートが運営する『星のや沖縄』が。外資系では、2020年12月に『マリオットリゾート&スパ イシガキジマ』、2020年から2021年にかけて、ホテルとタイムシェアリゾートを擁する『ヒルトンOkinawa瀬底リゾート(仮称)』が開業を予定しています。
旅行者にとってはホテル選びも楽しみのひとつ。繁華街に歩いていけるシティホテルや、アクティビティが充実したファミリー向けのホテル、暮らすように滞在を満喫するロングステイタイプのホテル、など。
ここでは、この1年以内にオープンした、あるいはこの夏にオープンを控えているホテルの中から、ピックアップしてご紹介。よろしければ、夏休みやそれ以降のステイ先の参考にご覧ください。
ハイセンスなインテリアにもぜひ注目してくださいね。

この春オープン! 美ら海を満喫できる新リゾート3選

まずは、すでにオープンしている新ホテルから。海外を思わせるリゾート感たっぷりの3つをご紹介します。うち1つは沖縄本島、2つは宮古島のホテル。どちらも、観光地として魅力的な島ですが、ホテルもセレクトに迷ってしまうほど。

the rescape(ザ・リスケープ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:the rescape

最初にご紹介するのは、2019年5月にオープンしたばかりの『the rescape(ザ・リスケープ)』。宮古島の東海岸、約3万平方メートルの敷地に、1棟独立のヴィラタイプを中心とした41の客室を擁するリゾート型ホテルが誕生しました。
ほぼ全ての棟に備えられたプライベートプールや、滞在をサポートする専属バトラーなど、海外のリゾートを思わせる贅沢ステイが実現。日常とかけ離れた優雅な時間に、どっぷりと浸れそうです。
沖縄らしいブルーと白、ナチュラルなウッドをメインに、和の要素をスタイリッシュに溶け込ませた、シックで落ち着きのあるインテリアも素敵!

 

アラマハイナコンドホテル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:アラマハイナコンドホテル

こちらは2019年4月のオープン。『アラマハイナコンドホテル』は、沖縄美ら海水族館からほど近い本部町エリアにできた、コンドミニアムスタイルのリゾートホテルです。
客室は全室オーシャンビューで、平均面積約59平米のゆとりある広々空間。寝室とリビングを分けたスイートタイプとなっていて、キッチン等も完備のロングステイ仕様です。
館内には、贅沢なくつろぎの空間を演出するインフィニティプールや、マリンスポーツをはじめとしたアクティビティも豊富。グルメやショッピングを楽しめる新施設や、リニューアルした『ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ』とともに、約21,000平方メートルにも及ぶ敷地内で思う存分楽しめる、一大リゾートヴィレッジです。
 

ホテル シギラミラージュ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:ホテル シギラミラージュ

宮古島の最南岸に位置する『ホテル シギラミラージュ』は、2019年4月にオープン。広々とした敷地内に、小高い丘の上に建てられたヴィラ型の「ヒルサイド」(2019年7月オープン予定)、11階建てホテルの「ベイサイド」2つの宿泊施設と、2つのチャペルやビーチハウス、ゴルフ場などがあり、ゆったりと開放的に過ごせます。
宮古島の大自然を満喫できる、さまざまなアクティビティーも魅力たっぷりですね。
“海と空と大地、移りゆく景色の調和”をコンセプトに設えられたゲストルームは、ブルー&ホワイトを基調とした、大人リゾートなインテリア。ゆとりのある広さとオーシャンビューのリラックス感あふれる空間です。

夏が待ち遠しい! オープンを控えた魅惑の新ホテル2選

ここからは、この夏にオープンを控える2つのホテルをご紹介。なんと、ワイキキのあのホテルが沖縄に・・! おおいに人気が出そうな新ホテルですから、早めにチェックしておきましょう。

 

ハレクラニ沖縄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:ハレクラニ沖縄

ハワイのワイキキで100年以上の歴史を誇る『ハレクラニ』が沖縄に! 新たなる楽園として選ばれたのは、国定公園として半世紀以上にわたり守られてきた恩納村のビーチフロント。来たる2019年7月26日、満を持してオープンします。
360ものゲストルームは、全室オーシャンビューなのはもちろん、50平米もの広さを誇るラグジュアリーな空間。プライベートプールと天然温泉を備えた5棟のヴィラも魅力的です。
『ハレクラニ』のアイデンティティを継承した、”Seven Shades of White”(七色の白)をコンセプトに、明るくシンプルで優雅なインテリアデザインは、大人が休日を過ごすのにぴったり。窓からの素晴らしい景色をより引き立ててくれます。

 

フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ

1982年開業の『フサキリゾートヴィレッジ』が昨年末、客室&敷地面積を2倍に拡張し、リブランドオープン。『フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ』として生まれ変わり、2019年7月19日には新たな客室棟「ノースウイング」が仲間入りするとのこと。畳スペースを備えた和洋室や、亜熱帯植物に囲まれたパティオ付きルームなど、全11タイプのゲストルームが加わることになりました。

さらに、2020年秋には「サウスウイング」も新オープン予定。「ガーデンテラス」「ガーデンヴィズ」とともに、選ぶ楽しみがグンと多彩に。毎年訪れても飽きることのないビーチリゾートとなりそうです。

石垣島にあるこのリゾートホテルは、島最大級のウォータースライダーがあるアクアガーデンや、世界各国の料理を楽しめるブッフェレストランなどファシリティも魅力。老若男女問わず、充実した休日の思い出がつくれるはずです。

ライタープロフィール

Mina Ukai
Mina Ukai
大手メーカーカタログやホームページ掲載のインテリアアイテムの販促用コピーライトや、リフォーム事例の紹介を数多く手がけているフリーライター。好きなインテリアのテイストは、北欧系、ヴィンテージミックススタイル。自宅では、小さな子どもがいてもすっきりと片付くインテリアを模索する日々。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。