0

この春、模様替えはジワリ人気の『BOHOスタイル』で決まり!

  4、5年前からジワリジワリと巷で人気が高まっている 「BOHO(ボーホー)スタイル」。みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 BOHOとは、「ボヘミアン」と「SOHO(ソーホー)」を組み合 …

 

4、5年前からジワリジワリと巷で人気が高まっている 「BOHO(ボーホー)スタイル」。みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

BOHOとは、「ボヘミアン」と「SOHO(ソーホー)」を組み合わせた造語。BOHOスタイルは、民族的で自由気ままな雰囲気と、ニューヨーク「SOHO」のアーティスティックでモダンな感覚を掛け合わせた、ほどよい抜け感が特徴のインテリアスタイルです。

スッキリとしたシンプル・ミニマルなスタイルとは一線を画した、アイテム数が多めで一見ゴチャっとしたBOHOスタイルのお部屋は、リラックス感たっぷり。肩の力を抜いてインテリアを自由に楽しむスタイルが、多くの人に受け入れられているんですね。

この春、「新居のインテリアをどうしよう?」「気分転換に模様替えしたい!」とお考えなら、思い切ってBOHOスタイルにチャレンジしてみてはいかが? ご自身はもちろん、ご家族や遊びにくるお友達もゆったりとリラックスできる。そんな空間づくりを楽しんでみませんか♪

気軽に楽しむ♪ 民族調のラグやハンモックでBOHOミックス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:Unsplash

「BOHOスタイルを取り入れる、といってもどうすればいいの?」と思ったあなたも、気軽にトライ! 自由気ままに楽しむのが、BOHOスタイルのテーマでもあるのです。難しく考えず、ワンアイテムからでも取り入れてみてください。

たとえば、エスニックテイストのラグを一枚、マクラメで編まれたハンモックひとつ、など。アクセントとなるアイテムをプラスすることで、一気に雰囲気がアップしますよ。

BOHOスタイルでは、カラーについても自由で統一する必要はありません。しいていえば、オレンジやイエロー、ターコイズ、レッド、パープルなど、エスニックなカラーを取り入れるのがおすすめ。

反対に、白、ベージュ、ライトグレーを中心とした、色味を抑えたコーディネートにするとSOHO色の強いBOHOスタイルに仕上がり、こちらも素敵です。

また、スタイリッシュモダンやビーチスタイル、北欧スタイル、ナチュラルや和モダンとのミックスインテリアも、BOHOスタイルなら無理のないコーディネートに仕上がりますよ。

BOHOらしさを深める「小物づかい」にこだわって

「ラグなど大物を取り入れるのは勇気がいるな・・・」というかたには、小物でワンコーナーからBOHOスタイルを取り入れる方法がおすすめ。

また、BOHOミックスより一歩踏み込んだ、「ザ・BOHOスタイル」を求めるなら、小物づかいにこそこだわりたいものです。お部屋のあちこちにBOHOらしい小物を散りばめて、統一感を演出しましょう。

ここからは、あるとBOHOらしさがアップする小物・アイテムをご紹介していきます。よろしければ、参考になさってみてくださいね。

 

フリンジやマクラメのタペストリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:Unsplash

まずご紹介するのはこちら。マクラメ編みでできたタペストリーや、フリンジ(房飾り)のついたタペストリーは、BOHOテイストをプラスする “初めの一歩” にぴったりです。

麻やコットンでできたタペストリーは、ナチュラルでこなれたテイストが魅力。真っ白でなんだか殺風景な壁にも、ぬくもりのあるタペストリーを一枚飾れば、ほっとリラックスできるムードが生まれます。

写真のように、流木でできたハシゴを組み合わせるコーディネートでは、さらに雰囲気がアップしますね! フリンジクッションやスローケットなどとのコーディネートもおすすめです♫

 

マクラメのプランツハンガー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:ORNER WEB STORE

マクラメといえば、プランツハンガーも欠かせないアイテムです。BOHOスタイルでは、グリーンを多く取り入れることで「らしさ」がアップ。マクラメのプランツハンガーを使ってグリーンを飾れば、統一感のあるインテリアに仕上がりますよ。

最近ではバリエーションも豊富で、イエローやブルー、ピンクやブラックなどなど、カラフルなプランツハンガーもたくさん。色で遊びを加えるのも、BOHOスタイルを楽しむポイントです。

マクラメ編みは手作りもできますから、手芸が得意・お好きなかたは、オリジナルのプランツハンガーを作ってみてはいかがでしょうか。デザインに凝ったり、ビーズを組み合わせたり、といった自分だけのアレンジをほどこせば、愛着もひとしおです♫

 

プフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:Instagram

次にご紹介するのは、モロッコのインテリア雑貨「プフ」。プフは主に円形をしたクッションで、スツールやオットマンとして幅広く使われているもの。写真のようにレザーをはぎあわせたプフは、フォークロアテイストで大人っぽいイメージ。ニットプフなら、ナチュラルテイストでほっこりしたイメージです。

プフも近年ではとても人気が高く、バリエーション豊富。エスニックなラグとコーディネートすると、さらに雰囲気がアップしますね。リラックス空間にはマストハブ!なインテリアアイテムです。

 

バスケットアイテム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Julia Kouzenkov on Unsplash

竹やラタン、シーグラス(水草)といった天然素材のバスケットアイテムは、取り入れやすさ◎。収納にも使える実用性の高さも嬉しい、手軽に雰囲気をプラスできるインテリアアイテムです。

かごバッグのほか、ペンダントライトのシェード、フロアクッションにダストペールなどなど。生活感の出やすいアイテムを選ぶ際に、種類の多いバスケットアイテムは重宝しますね。

また、シンプルナチュラルなものをはじめ、カラフルでエスニックなもの、幾何学模様でアクセントになるものなど、デザインのバリエーションも豊富だから、組み合わせを楽しめるのもバスケットアイテムのいいところ!

 

クロスモチーフのオブジェ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:Instagram

クロスモチーフも、BOHOスタイルのインテリアにぜひプラスしたいアイテム。ナチュラルな木製のクロスモチーフオブジェは、マクラメと組み合わせたり、複数づかいでおしゃれに飾って。壁やコーナーをセンス良くコーディネートするのに、一役買ってくれます。

 

ドリームキャッチャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Megan Hodges on Unsplash

最後にご紹介するのは「ドリームキャッチャー」。悪夢から子どもを守ってくれる、という魔除けのアイテムとして知られ、窓辺や玄関に吊り下げられるので場所いらず。羽根やビーズのあしらいが民族テイストたっぷりです。

BOHOスタイルをググッと盛り上げ、リラックス感もアップする小粋なアクセント♫

ライタープロフィール

Mina Ukai
Mina Ukai
大手メーカーカタログやホームページ掲載のインテリアアイテムの販促用コピーライトや、リフォーム事例の紹介を数多く手がけているフリーライター。好きなインテリアのテイストは、北欧系、ヴィンテージミックススタイル。自宅では、小さな子どもがいてもすっきりと片付くインテリアを模索する日々。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。