0

家具選び5つのポイントとおしゃれ部屋の作り方とは

①家具選びのポイントは統一感 家具選びの基本は統一性の一言に尽きます。例えばナチュラルカラーの家具が多い部屋の中に重厚なダークブラウンのテーブルがあったり、機能性を重視したスタイリッシュな家具ばかりの部屋にハワイアンテイ …

①家具選びのポイントは統一感

家具選びの基本は統一性の一言に尽きます。例えばナチュラルカラーの家具が多い部屋の中に重厚なダークブラウンのテーブルがあったり、機能性を重視したスタイリッシュな家具ばかりの部屋にハワイアンテイストのラグが敷かれていたりしたらチグハグな印象を受けるはずです。それぞれが時間をかけて選び抜いた思い入れのある家具であったとしても、残念な仕上がりになってしまいます。統一性を持たせることは基本中の基本なのです。
しかし統一性と一口に言っても様々なものがあります。最初に押さえたいのは素材と色です。コーディネートに自信のない人でもこの部分を統一させればそれなりにおしゃれな部屋に仕上げることができます。シリーズもので一通りそろえてしまうのが楽ですが、買い替えや模様替えなどで一部の家具を入れ替える時でもこの点に注意すれば失敗することはありません。但しダークブラウンやモノトーン調の家具の場合には室内の雰囲気が重くなりすぎないように注意する必要があります。ダークトーンのものが多いと感じたときは敢えてワントーン明るめの家具を加えて、居心地の良い雰囲気になるよう心掛けましょう。

②テイストも統一!ミックスはNG

ソファに座る女性

次に押さえたいのは家具のテイストです。インテリアに関心のある人はアジアンテイスト、北欧デザインなど、好みのテイストがあるはずです。素材と色に統一性を持たせつつ、これらのテイストを組み込むようにすると更におしゃれな部屋にすることができます。ここでも大切なのはもちろん統一性です。一つの室内にいくつものテイストの家具があるとごちゃごちゃした仕上がりになってしまいます。コレクションしている小物などがあるなど、どうしても一つのテイストに絞ることができない場合は、それぞれのコーナーを作ることで解消することをお勧めします。この時、それぞれのコーナー内でも統一性にこだわるようにしてみましょう。そのうえで各コーナーを明確に分けることができれば、上級者並みのおしゃれな空間に仕上がります。

③見せる?隠す?収納機能も統一性をだそう

収納を開ける手

もう一つ忘れずに押さえておきたいのは収納機能の統一性です。隠す収納にするのか、見せる収納にするのかということです。これも意外と大事で、その部屋の印象を大きく左右するポイントとなります。普段の生活を考えると見せる収納の方が楽で便利なように思われますが、ずぼらな人にはお勧めできません。普段の整理整頓が行き届いていないとあっという間に「片付いていない部屋」になってしまうからです。見せる収納の場合は全てをそれで統一する必要はありませんが、見えている部分に視線が多く行くということを念頭に置いて、バランス良く配置するようにしましょう。

④家具の高さ、配置など空間も抑える

ソファに座る女性

これら基本をマスターし、更にステップアップしたい人に注目してもらいたいのは空間と照明です。ここでの空間とは家具の高さとそれぞれの配置のことを指します。例えば低い家具を多く使用すると天井が高くなったように錯覚するようになります。実際の部屋より広くなったように感じる訳です。逆に高さのある家具に囲まれていると圧迫感を覚えますが、一方向にまとめるようにすれば圧迫感も少なくなります。同じ家具でも配置によって印象が変わるのです。また家具と家具の間をどれだけ開けるかによっても部屋の雰囲気が変わります。掃除し易さや利便性、動線なども考慮しながら家具の配置を考えてみてください。案外と楽しいものなので、季節ごとに変えてみるというのもお勧めです。

⑤間接照明でおしゃれ度アップ

おしゃれな間接照明

照明については近年重視されるようになったので、既に部屋づくりのポイントの一つとして取り組んでいる人も多いかもしれません。室内灯を間接照明にするだけでおしゃれ度がぐっとアップするので、ある意味手軽な方法と言えるかもしれません。しかし上級者として取り入れるならば雰囲気作りとして使用するのではなく、より効果的に取り入れたいところです。例えば高級な革製のソファがあるならば、その質感が伝わるような配置にし、照明の色やデザインもそれに合ったものにしてみましょう。昼間の自然光が入る時間帯とのギャップを演出するのもお勧めです。照明に力を入れているおしゃれなカフェやレストランも多いので、好みのお店があったら参考にしてはいかがでしょうか。ちなみに、照明を変えだけでも室内の雰囲気を一新できるので、ローコストで模様替えしたい時もお勧めです。

このように、おしゃれな部屋にするためには部屋全体を一つの空間としてコーディネートする必要があります。しかし家具選びは出会いでもあります。憧れのデザイナーズチェア、旅先で見つけたアンティーク調のテーブル、結婚と同時に購入した思い出の詰まったサイドボードなど、時には部屋のイメージにそぐわない家具が出てしまうこともあるでしょう。そんなときはファブリックで統一性を持たせたり、カラーリングやリメイクでマッチさせたりすることもできます。家具との出会いも大切にしつつ、ゲストに自慢できるおしゃれな部屋を目指してはいかがでしょうか。

ライタープロフィール

guest
投稿をいただいた記事を編集長より精査させていただき、良いものだけ投稿をさせていただいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。