0

ベッドフレームは素材にこだわって選んでみよう!

ベッドは数あるインテリアの中でも、できる限りこだわりたいアイテムの1つです。 デザインはもちろん、収納がついたものなど、その種類も様々。 人は人生の3分の1の時間をベッドの上で過ごします。 睡眠の質を左右するのはマットレ …

ベッドは数あるインテリアの中でも、できる限りこだわりたいアイテムの1つです。

デザインはもちろん、収納がついたものなど、その種類も様々。

人は人生の3分の1の時間をベッドの上で過ごします。

睡眠の質を左右するのはマットレス、という声はよく聞きますが、それを長く支えるのはベッドフレームです。

 

また、ベッドフレームはインテリアとしても大きな役割を持っています。

無機質なモノを選べばクールな印象に、木材やポップなモノを選べば明るい印象を受けます。

けれど、そもそもベッドフレームにはどんな種類があるのか、何を基準に選らばべ良いのか難しいですよね。

 

そこで今回は、

  • ベッドフレームを選ぶ基準
  • ベッドフレームの種類と特徴

以上2点をお伝えします。

長く愛用できるベッドフレームを探している方は、ぜひご覧ください。

ベッドフレームは機能性とデザインで選ぶ

ベッドフレームを選ぶ際のポイントは、機能性と見た目です。

機能性とは、収納機能がついていたり、枕もとに棚がついていたりといったこと。

デザインは、機能性も含め、フレームの素材や色、質感といったところです。

ベッドフレームは、インテリアとしての要素も兼ね備えています。

 

長く使うものだからこそ、お気入りのフレームを見つけましょう。

どんなベッドで過ごしたい?機能性もこだわりポイント

ベッドの機能性は先にもお話したように、棚があったり、収納機能があったりすることを指します。

仕事終わりに、休日に、ベッドの上で過ごすことが好きな方もいるでしょう。

となれば、どれだけベッド周りを快適空間にできるかも、重要なポイントです。

 

枕元にヘッドボードがついていれば、お気入りの小物や目覚まし時計、本などが置けます。

あえてシンプルにすることで、すっきりと落ち着いた空間にすることも。

足元や枕元にランプがついているデザインのフレームもあれば、ベッド下部に収納がついているものもあります。

 

インテリアとしても、快適空間としても、自分はどんな過ごし方がしたいかイメージしてみましょう。

ベッドフレームも空間に合わせたセレクトを

機能性と、空間に調和するデザインは、共通している部分があります。

シンプルでシックな空間に、派手なカラーの可愛らしいフレームのベッドがあっては、雰囲気は台無しです。

ベッドフレームは、空間に合ったデザインのものを選びましょう。

 

普段、机やイスに座って過ごすことが多い方は、ベッドも少し背のあるもの。

反対に床に座ったり、寝転んだりすることが多い方は背の低いロータイプのモノが良いでしょう。

普段生活する目線に合わせると、空間のバランスがとりやすいです。

ご自身の生活スタイルに合わせて、フレームも選びましょう。

ベッドフレーム3種類の特徴を知って、お気入りを探そう

ここからは、3種類の代表的なベッドフレームをご紹介します。

  • ウッドフレーム
  • ファブリックフレーム
  • レザーフレーム

それぞれの特徴を知り、自分に合ったフレームを見つけてください。

ナチュラルデザインなウッドベッドフレーム

素材本来の味があり、優しさやぬくもりを感じることのできるウッドフレーム。

性別、年齢問わず幅広い層に人気があるフレームです。

ウッドの中にも、無垢材といわれる単一の木材から作られるものと、複数の木を合わせて作られる合板があります。

価格は無垢材の方が高く、合板の方が安価です。

 

強いこだわりがなければ、低価格で木の魅力を楽しむことができます。

布のぬくもりを感じるファブリックベッドフレーム

ファブリックとは、布地を使ったものを指します。

フレームが布地に覆われたフレームは、滑らかな肌触りと、柔らかな質感が特徴です。

枕元から背もたれのように反り立つデザインであれば、ソファのようにくつろぐこともできます。

布地なので、カラーバリエーションやデザインなどが豊富なことも魅力です。

 

どんな空間でも、雰囲気に合ったフレームを見つけやすいでしょう。

高級感漂うレザーベッドフレーム

レザーの魅力は何と言っても、その高級感と独特なオイリーで香ばしい香りです。

レザーが持つ味わいは、ヴィンテージな雰囲気を放ち、クールで締まった空間におすすめ。

ベッドフレームに使われる革は、本革ではなく合成皮革がほとんど。

そのため、低価格で革の持つ魅力を、自身のお部屋に取り入れることができます。

 

デザインは比較的シンプルなものが多いため、すっきりと洗練された印象を空間に与えてくれるでしょう。

ベッドフレームで、こだわり空間と、良質な睡眠を手に入れる

ベッドフレームは、お部屋の印象を左右するだけでなく、睡眠の質にも大きな影響を及ぼします。

人は人生の3分の1という長い時間をベッドの上で過ごすため、見た目にも機能性にもこだわりたいものです。

お部屋の雰囲気に合わせたフレームでこだわりの空間を作り、確かな品質で睡眠の質を確保しましょう。

 

また、ベッドフレームを選ぶ際は、ベッド周辺のレイアウトも一緒に考えてみましょう。

フレームのデザインとマッチした、より高機能のベッドルームが出来上がるはずです。

それぞれの素材の特徴を理解し、お気に入りのフレームを見つけてください。

 

ライタープロフィール

shirabou
shirabouフリーライター
初めまして!白坂優(しらさかゆう)といいます。
料理が得意で、フリーライターをしています!
アウトドアが好きで、キャンプ用のチェアやテーブルを室内で使っていました。
ソファで寝落ちする瞬間が、たまらなく好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。