0

テーブルは素材で選ぶべき。おすすめの選び方の流れ

テーブル選びは、インテリアを考えるうえで、最も悩む項目かもしれません。 どんな高さにしよう、どんなデザイン、どんな素材、、考えればキリがないです。 ですが、あなたがどんな空間にしたいかで、お気に入りのテーブルは必ず見つか …

テーブル選びは、インテリアを考えるうえで、最も悩む項目かもしれません。

どんな高さにしよう、どんなデザイン、どんな素材、、考えればキリがないです。

ですが、あなたがどんな空間にしたいかで、お気に入りのテーブルは必ず見つかります。

 

今回は、

  • 自分の生活に合ったテーブルの選び方
  • おすすめのテーブル素材

以上の点2点についてお話します。

 

なかなかテーブルを決められない、何を基準に選んだらいいか分からない方は、ぜひご覧ください。

お気入りのテーブルを見つけられるはずです。

テーブルは素材で選ぶ。おすすめの選び方

テーブルを選ぶ上で、最も優先すべきことは、どんな環境で使うかです。

普段の生活環境にそぐわないテーブルを選んでしまうと、使いづらく邪魔にさえ感じてしまうでしょう。

普段目にする機会も多いテーブルは、インテリアとしての役割も担っている重要なアイテム。

テーブルの存在一つで、お部屋の印象を大きく左右します。

 

テーブル選びで失敗しないためにも、基準となる選び方は押さえておきましょう。

テーブルを選ぶ際は「サイズ」「高さ」「使い方」を確認

テーブルを選ぶ際の重要なポイントは3つ。

  • サイズ
  • 高さ
  • 使い方

これらを意識すれば、自分に合ったテーブルを見つけることができます。

 

例えば、サイズは何人で使うのか、作業をするのか、ご飯を食べるのか。

広い方が落ち着くのか、小さくコンパクトに置きたいのかなど、用途やお部屋の雰囲気に合わせて考えてみましょう。

 

高さは、イスに座って使うのか、床に座って使うのかなど、日常的に使う高さで選びます。

くつろぐ為に床に丸テーブル、仕事用に部屋の隅にスタンディングテーブルを置くなどの工夫も良いですね。

 

使い方は、サイズや高さを総合して考えてみると良いでしょう。

○○がしたいからこれだけの大きさがいるな、床で過ごすのが好きだから低めのテーブルにしようといった具合です。

見た目や空間のオシャレさだけに捉われずに、自分が楽に過ごせる空間も意識しましょう。

フレーム・天板は素材を決めてからデザイン選びに

インテリアとしても重要な役割があるからこそ、悩むデザイン。

フレームや天板の素材の組み合わせ、色や質感など、何か基準がないと決めることは至難の技です。

しかし、共通して言えるのは、素材の特徴を理解することが大事だということ。

自分が理想とする空間は、温かな空間でしょうか。

それとも、落ち着いたクールで、大人な空間でしょうか。

 

テーブルを選ぶときは、お部屋の完成形を描くことをおすすめします。

テーブルの天板に迷ったら、素材は木製をチョイスすべし

テーブルを選ぶ際に迷う大きな要素が、テーブルの天板です。

ガラスや木材、金属などの素材が主で、そこからさらに形や大きさなどの要素が加わってきます。

つい迷ってしまいそうな天板ですが、基本的には木材がおすすめです。

もちろんそれぞれの好みのものを選んで構いません。

 

他の材質のモノが劣っている訳ではなく、木材は使いやすさが大きな魅力です。

木材は傷がつきづらく、ついてもあまり目立ちません。

また、どんな空間にも合わせやすく、ガラスなどに比べ丈夫な一面を持ち合わせます。

無垢材であれば、経年変化も楽しむことができ、愛着のわく逸品になるでしょう。

 

合板などであれば、価格も比較的安価なものが多く、デザインの選択肢も多い。

以上が、迷ったら天板は木材の理由です。

ガラス素材のテーブルは日常生活で気を遣うシーンが多い

ガラスの天板は、デザイン性も高く、オシャレで洗練された印象を空間に与えます。

落ち着いた空間や、ク―ルな空間、シックでモダンな空間など、ガラスが活きる場面はとても多いです。

ですが、先にもお話したように、傷がつきやすい、壊れる可能性があるなど扱いに気を遣うことも事実。

お子様がいるご家庭や、普段よくテーブルを使う方は、少し扱いづらい面もあるでしょう。

 

ガラスが持つ魅力が多い分、配慮する部分も多いということを含めて、選びましょう。

金属?木製?テーブルの脚の素材は空間に合わせて

テーブルは、脚もデザイン性が出る部分です。

金属製か木製か、素材の違いでテーブル全体の雰囲気が変わります。

天板は良いのだけれどどこかぱっとしない、というのは脚が原因かもしれません。

太さや模様、曲線の形など考えられる要素は様々です。

 

この時に、使用感に関わる高さも決まってくるので、注意しましょう。

天板の素材、大きさが良くても、高さがズレてしまうともったいないです。

脚のデザイン、そして高さ、最後まで気を抜かずに選びましょう。

こだわり抜いたテーブルは、あなたの生活を豊かにしてくれるはずです。

テーブルのおすすめ素材はやっぱり木製!

テーブルの素材選びに迷ったら、木製のものがおすすめです。

テーブルは日々の生活の中で、よく使うインテリアの1つ。

傷もつきやすいですし、汚れにも強い必要があります。

その点、木製であれば傷がついても目立ちづらく、汚れもふき取りやすいです。

 

無垢材であれば、削り出しという工程を経て、新品同様に楽しむこともできます。

ガラスと違って割れずに、壊れにくいことも魅力です。

木材は寿命が長く、経年変化も楽しめるので、愛着も沸くでしょう。

親子代々に渡って、引き継ぐことできるインテリアの一つです。

 

唯一無二の価値やストーリーを、長きに渡って紡げるのが、木材の魅力かもしれません。

 

ライタープロフィール

shirabou
shirabouフリーライター
初めまして!白坂優(しらさかゆう)といいます。
料理が得意で、フリーライターをしています!
アウトドアが好きで、キャンプ用のチェアやテーブルを室内で使っていました。
ソファで寝落ちする瞬間が、たまらなく好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。