0

ソファは布地で選ぶ!素材の違いを知れば、失敗知らずに

インテリアの中でもソファ選びは、特に悩む方が多いのではないでしょうか。 大きさやフレームの材質、そして布地など迷う点はいくつもあります。 特に布地に関しては、質感や雰囲気、肌触りなど好みにもたらす影響は大きいです。 最悪 …

インテリアの中でもソファ選びは、特に悩む方が多いのではないでしょうか。

大きさやフレームの材質、そして布地など迷う点はいくつもあります。

特に布地に関しては、質感や雰囲気、肌触りなど好みにもたらす影響は大きいです。

最悪の場合、購入後に「なんか違った」と残念な思いをするかもしれません。

 

そこで今回は、ソファ選びを失敗しない為に、布地の違いと特徴をまとめました。

失敗が怖くてなかなか決め切れない方は、ぜひ一度ご覧ください。

ソファ選びは素材の違いを知れば失敗しらずに

なかなか決め切れない方は、なぜその素材を選んだのか、という理由を見つけましょう。

一口にソファといっても、様々なデザインのモノがあります。

数ある中から選ぶ為には、自分はどんなソファが欲しいのか、を知る必要があります。

そのヒントとして、今回は布地に注目しました。

ソファの「布地」によって印象が変わる

ソファの顔ともいえる布地は、好みを左右する要素の1つ。

布地によって、ソファの印象はもちろん、お部屋の印象までガラッと変わります。

そのため、理想の空間のイメージがあるのなら、よく考えなくてはいけません。

ソファはしょっちゅう買い替えるようなものではないので、慎重に選ぶべきです。

 

布地で印象が大きく変わるからこそ、自分はどんなイメージでソファを選ぶのか、はできるだけ明確にしましょう。

主な種類は「布」「革」「合成皮革」の3種類

ソファの布地の種類は3種類。

  • 合成皮革

ほとんどのソファがこの中のどれかで作られています。

 

布や革に関しては、それぞれ素材の種類や質によって、グレードや希少価値が変わります。

ただ、一般的には革製品の方が値段は高いです。

ホームセンターなどで安価に購入できるソファは、ポリエステル素材の布地や、合成皮革。

布地の場合は、特別な布地でない限り、ポリエステルが主流です。

 

アクリルやレーヨンなどを織り込んで、独特の風合いを出しているものもあります。

布といっても原料によって様々なモノがあるので、お気に入りの生地を探してみてください。

張地の違いから見る特徴とメリット・デメリット

ここからは、「布」「革」「合成皮革」の特徴をさらに掘り下げていきます。

それぞれの特徴をしっかりと押さえて、お気入りのソファを見つけましょう。

布地は肌触りが良く、コーディネートも自由自在

布地のソファの最大の特徴は、優しい肌触りです。

優しい質感や肌ざわりを求める方には、おすすめの布地です。

年代や性別を問わず、幅広い層に人気があります。

布地はデザイン性が高く、コーディネートのしやすさも魅力です。

 

様々な色や質感などのデザインがあり、好みのモノに出会える可能性も十分にあります。

カバーを取り外して丸洗いできるものもあり、清潔感が気になる方にもおすすめです。

布地のソファのデメリットは染み汚れがついてしまうことや、摩耗によって擦り切れてしまうこと。

革でも、合成皮革でも、経年劣化はありますが、布地は少し気を遣います。

 

お子様のいる方は、洗えるタイプや、布地の厚いものなど、耐久性も考慮してみてはいかがでしょうか。

革地は独特の香りと高級感で上品な空間に

革の特徴は独特のオイリーで、香ばしい香り。

そして、しっとりとした高級感のある肌ざわりと質感です。

上品な印象を強く持つ革張りのソファは、ラグジュアリーな雰囲気や大人の空間を彷彿とさせます。

革には主に牛革が使用されており、革の品質によって価格は大きく変動します。

 

メリットは、傷がつきにくいことや、ほこりなどを簡単に掃除できる、経年変化を楽しめるなど盛りだくさんです。

しかし、革はメリットの多い分、丁寧に手間をかける必要があります。

きちんとお手入れをしないと、乾燥でヒビ割れてしまうことも。

また、汗や皮脂でべたつくような肌触りになり、不快に感じる人もいるでしょう。

 

クールでエレガントな雰囲気を持つ分、温かさという面では布地に劣るかもしれません。

ですが空間をクールにシャープに締めてくれるのは、革の持つ大きな魅力です。

合成皮革は手軽に革の雰囲気を楽しめる魅力がある

合成皮革は、その名の通り人工の素材です。

汚れに強く、革の質感や雰囲気を持ち合わせた素材で、お手入れも簡単です。

本革に比べ、安価に手に入れることができ、手軽に革の魅力を楽しめます。

カラーバリエーションも豊富で、コーディネートもしやすいのも嬉しいポイントです。

 

ただ、本革に比べれば、やや高級感は見劣りする部分があります。

摩耗に対する強度もやや落ちてしまうでしょう。

ですが、低コストで本革のテイストを取り入れられるのは、大きな魅力ですね。

ソファの布地選びは空間も使用感も左右する大事な要素

部屋の中でも、存在感の強いソファだからこそ、布地選びは重要です。

布地の違いは、空間にもたらす味わいや雰囲気を左右します。

また、日常生活でよく使うからこそ、それぞれの特徴を理解して、用途に合ったものを選ぶべきです。

ソファは長く使えますし、なかなか買い替えるものでもありません。

 

だからこそ、こだわりを持って選んだソファは、愛着の湧くインテリアになるはずです。

 

ライタープロフィール

shirabou
shirabouフリーライター
初めまして!白坂優(しらさかゆう)といいます。
料理が得意で、フリーライターをしています!
アウトドアが好きで、キャンプ用のチェアやテーブルを室内で使っていました。
ソファで寝落ちする瞬間が、たまらなく好きです。

One response to “ソファは布地で選ぶ!素材の違いを知れば、失敗知らずに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。