0

これでもう迷わない!こたつを選ぶ時に注意すべき3つのポイントを徹底解説!

寒い冬は暖かいこたつでみかん・・・。日本の冬の伝統的な光景ですね。 でも、最近は形もデザインも今風のオシャレこたつがたくさんあるんです! 今回は、そんなこたつの選び方を徹底解説。あなたにピッタリのこたつが見つかりますよー …

寒い冬は暖かいこたつでみかん・・・。日本の冬の伝統的な光景ですね。

でも、最近は形もデザインも今風のオシャレこたつがたくさんあるんです!

今回は、そんなこたつの選び方を徹底解説。あなたにピッタリのこたつが見つかりますよー。

1形状で選ぶ

こたつを選ぶ上で重要なのが、形状です。

正方形型・長方形型・丸型の3つがメインの形状になりますので、お部屋にあったものを選ぶと良いでしょう。

それぞれの形状にはメリットとデメリットがありますので順に説明していきます!

正方形型

1人暮らしのお部屋などでよく見かける正方形型のこたつ。

縦横の長さが同じでコンパクトに収まるので、お部屋を広く見せる効果があります。

その分、たくさんの人が座るのには適していません。1〜2名から多くても4名くらいで座るのがBESTですね。

正方形型でオススメのこたつ

長方形型

広々と使える長方形型。

大きいサイズのものが多いので4〜6人のファミリー利用に適しています。

長方形型のこたつは数多く出回っていますので、デザインのバリエーションが豊富なのも嬉しいですね!

長方形型でオススメのこたつ

丸型

珍しい丸型のこたつ。

可愛い形状がお部屋のアクセントになりますね。

ただ大きさの割に、たくさんの人は座れないのがデメリット。1〜2人で使うのがBESTです。

丸型でオススメのこたつ

2ヒーターの種類で選ぶ

こたつを選ぶ上で意外と大切なのが中を温めるためのヒーターです。

いくつかの種類があり、暖まり方や値段だけでなく耐久性にも影響が出ます。

それぞれのヒーターの種類にどんな特徴があるのか先に確認しておきましょう!

石英菅ヒーター

石英菅ヒーターは昔から使われている定番のヒーター。

残念ながら、最近では石英菅ヒーターよりも早く暖まり、かつ寿命が長いものが出てきています。

しかし、石英管ヒーターは人体に吸収されやすい赤外線を良く放出するので体の芯から暖まりやすいという特徴があります。

ヒーターの寿命は5000~7000時間ほどとなっています。

ハロゲンヒーター

ハロゲンヒーターは石英管ヒーターに改良を加えたもの。

より早く暖まり、寿命も長くなっているバランスの良いヒーターです。

ヒーターの寿命は8000時間ほどとなっています。

コルチェヒーター

コルチェヒーターはハロゲンヒーターをさらに高性能にしたもの。

暖まるスピード・寿命(10000時間程度)ともに改良されています。

その分、値段は一番高くなっているのがデメリット。

3ここにも気をつけて!

こたつの形状・ヒーターの種類以外にも選ぶ際に気をつけた方が良いポイントがいくつかあります。

それは「追加機能」「脚の高さ」「脚の形」「布団のサイズ」です。

細かいポイントですが、使い勝手に響いてきますのでチェックしておきましょう!

追加機能

無くても良いけどあると便利な追加機能。

こたつに入ったままON/OFFできる「手元スイッチ」、好きな温度に変えられる「無段階温度調節」、自動で電源が切れる「タイマー機能」などなど・・・。

どんな追加機能がついているのかも確認しておきましょう!

脚の高さ

こたつテーブルの脚の高さは、細かいですが選ぶ際で重要なポイントです。

座椅子で座った時や寝転んだ時に天板に引っかからないような高さの物を選びましょう。

脚が折りたためるモデルはオフシーズンにしまって置けて便利ですが、脚の高さが低いものもありますので注意です。

また、脚の高さを調整できる「継ぎ脚」というアイテムもありますので併せて検討しましょう!

脚の形

円状・半円状・角状といった具合でこたつの脚の形状も様々です。

オシャレでお気に入りのこたつテーブルが見つかればオフシーズンでも使えちゃいます!

その際には脚や天板のカラーがお部屋の雰囲気に合うかチェックしておきましょう。

また、デザイン性だけでなく安全性も考慮したいところ。

特にお子さんや高齢者のいる家庭では丸みを帯びた円状か半円状を選んだ方が安心ですね。

こたつ布団のサイズ

こたつを買う際は掛け布団・敷き布団セットになっているものを選ぶのが探す手間が省けてBEST!!

しかし中にはテーブル本体のみで販売されている場合もあり、別で掛け布団・敷き布団を揃える必要がある場合も。

その際には、こたつ布団専門で取り扱っているショップだとデザインも豊富な中から選ぶことが可能です。

また、布団を広げた際に部屋を圧迫しないようなサイズを選ぶものポイントですよ。

自分にぴったりのこたつで暖かい冬を!

暖かいこたつでゴロンと寝転がるのは冬の風物詩。

ぜひお気に入りの物を見つけて至福の時間を過ごしましょう!

でも、こたつで寝て風邪をひかないように注意してくださいね。

ライタープロフィール

ブルゾンみきお
ブルゾンみきお
アウトドアテイストを取り入れたインテリアが好きです。アウトドアギアを詰め込んで、毎日キャンプができる家を建てるのが夢。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。