0

ポケットコイルVS低反発ウレタン|そのメリット・デメリット比較

「毎朝なんとなく体が重い」「たくさん寝たのに疲れが取れない」。こんな切ない経験、ありませんか?そんなあなたは、もしかしてマットレスが体に合っていないのかも。忙しい現代人だからこそ、質の高い睡眠は必須ですよね。 今回は、ワ …

「毎朝なんとなく体が重い」「たくさん寝たのに疲れが取れない」。こんな切ない経験、ありませんか?そんなあなたは、もしかしてマットレスが体に合っていないのかも。忙しい現代人だからこそ、質の高い睡眠は必須ですよね。

今回は、ワンランク上の眠りにつくための、マットレス選びのポイントについてご紹介していきます。

マットレスは自分に合ったものを選ぶべき!

一概に「マットレス」といってもさまざま。安価なものから、一流アスリート愛用の高級ブランドまでたくさんあり、選ぶのも一苦労ですよね。マットレス選びのときにいちばん大切なポイントは、「自分の体型や、体の悩みに合っているか」を見極めること。もし、高いものを選んでも、体に合っていなければ疲れが取れないなどの不調の原因になりかねません。

そして、日々何気なくしている「寝返り」も、マットレス選びで重要なポイント。人は寝返りを打つことによって、体の血行を良くしたり、コリをほぐしたりして、日中の疲れを癒やしています。また、寝返りによって体勢を変えることで、睡眠中に体にかかる負荷を分散しています。つまり、「寝返りのしやすさ=快眠への鍵」なのです。そんな寝返りをしやすいよう、サポートするのがマットレスの役割。

「一体どんなマットレスを選べばいいの?」と思っている方も多いでしょう。そこで、それぞれの特徴をご紹介します。

ポケットコイルマットレスの特徴

ポケットコイルとは、その名の通り「コイル(バネ)」が一つひとつの「ポケット(袋)」に入って並べられているマットレスです。それぞれのコイルが独立しているため、体のカーブに合わせて点で支えられるのが特徴です。快適な寝心地ゆえ、一流ホテルではポケットコイルマットレスを採用しているところが多いんですよ。

ポケットコイルマットレスのメリット

ポケットコイルマットレスの大きなメリットは、身体に負担がかかりにくいこと。先述の通り、点で身体を支えるため、どんな体勢にもフィットします。身体全体で体重を支えられるので、身体の一部に負荷がかかる心配がありません。また、適度な弾力のスプリングが、スムーズな寝返りを助けてくれますよ。

そして、コイルが独立しているので、横揺れしにくいのも特徴のひとつ。ダブルベッドで2人で寝る場合など、隣の人の振動が伝わりづらいので快適に眠れます。ウレタンなどの気密性の高い素材よりも通気性が良いので、熱帯夜でも蒸れずに安心。季節問わず使いやすいのがうれしいですね。

ポケットコイルマットレスのデメリット

良いことずくめのポケットコイルマットレスですが、デメリットもあります。まず、コイルが独立しているため、耐久性があまりないこと。長年使用すると、一部だけへたってしまう場合もあります。ただし、コイルの太さもさまざまなものがあるので、体重に合わせて選ぶのがおすすめです。耐久性が上がり、より長持ちしますよ。

そして、製作に手間がかかるため、値段も少々高め。そのぶん寝心地はバツグンなので、睡眠にこだわりたい方は、ぜひお試しあれ!

ポケットコイルマットレスはこんな人にぴったり!

適度な弾力のマットレスが好みの方、腰や肩への負担を減らしたい方、2人以上で寝たい方は、ポケットコイルマットレスがおすすめ。体重の軽い方や女性の方なども、コイルが適度に沈むため、理想的な姿勢で寝られますよ。

一方で、体重の重い方が細いコイルのものを選んでしまうと、身体の一部が沈みすぎる場合があります。選ぶ際には注意が必要です。

低反発ウレタンマットレスの特徴

低反発ウレタンとは、NASAが身体への衝撃を減らすために開発した体圧吸収素材です。押した後にゆっくりと戻り、もちもちした感触で癒やしを与えてくれます。体重や温度によって自由自在に形を変え、独特のフィット感で身体を包み込んでくれるのが特徴です。

低反発ウレタンマットレスのメリット

低反発ウレタンマットレスの良さといえば、軽くて柔らかいこと。引っ越しや模様替えのときなど、女性ひとりでも運べる重さなので、とても便利です。

また、柔らかく自在に形状を変える素材のため、身体へのフィット感がバツグン。マットレスが身体に隙間なく密着するので、体圧を分散し、身体への負担がかかりにくいのです。

そして、高級ブランドのものから低価格帯のものまで幅広くそろっているのも魅力のひとつ。睡眠にとことんこだわりたい方から、そこそこ気を使いたい方まで、ニーズに合わせて選べますよ。

低反発ウレタンマットレスのデメリット

そんな低反発ウレタンマットレスですが、独特の素材ゆえのデメリットも。スプリングのマットレスと比べると、通気性があまり良くないのです。冬場はぬくぬく温かいのですが、夏場は暑く感じる場合があります。エアコンや敷きパットなどで対策をしましょう。

また、温度によって硬さが変わるので、季節ごとにマットレスの硬さが変わることもあります。

低反発ウレタンマットレスはこんな人にぴったり!

柔らかいマットレスが好きな方、ピタッとしたフィット感が欲しい方、体圧を分散したい方は、低反発ウレタンマットレスがぴったり。柔らかい素材のため、長時間眠る方や骨が張っている方にも、床ずれの心配がないのでおすすめです。

しかし、自身の体重に対してマットレスが柔らかすぎると、身体の一部が沈みすぎて寝姿勢がくずれることも。自分に合った硬さのものを選びましょう。

おすすめのマットレスをご紹介!

マットレスは寝心地の良し悪しを分ける大切なアイテム。毎日使うものだからこそ、こだわり抜いたものを選びたいですよね。そこで最後に、快眠のための工夫がたっぷり詰まったマットレスをご紹介します。自分の身体に合わせて、ぴったりの一枚を選んでくださいね。

ポケットコイルマットレス

こちらのポケットコイルマットレスは、コイルを平行に配列しています。コイルの独立性が高く、体圧分散に優れているのが特徴です。マットレスの厚みは25cmもあり、耐久性が高いのもうれしいポイント。ふわふわのキルティングが心地よく、まるで高級ホテルのような寝心地が家庭でも楽しめますよ。

低反発ウレタンマットレス

こちらの低反発ウレタンマットレスは、こだわりの3層構造。そのため、柔らかさの中にも、しっかりと支えてくれる弾力があるのが特徴です。身体が沈み込みすぎる心配がなく、理想的な姿勢で寝られますよ。こちらも厚みが25cmあり、耐久性とクッション性に優れています。ポリエステル100%のキルティングが、季節問わずサラサラの触り心地で、快適な眠りへ導いてくれるでしょう。

ライタープロフィール

かしみん
かしみん
ライター3年目。1DKの賃貸マンションに住んでいて、「次に引っ越す家には書斎が欲しいなあ」と夢見る日々。

散歩の時間と眠りにつく瞬間がだいすきです。人生のBGMはサザンオールスターズ。とろけるチーズは飲みものだと思って生きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。