0

セラミックファンヒーターVSオイルヒーター、どっちがいいの?メリット・デメリット比較!

寒い冬の必需品といえば「ヒーター」。寒さで凍えてしまいそうでも、ヒーターをつけることによって暖かく過ごせる便利なアイテムです。「今年新しくヒーターを買おうかな」と思っている人も多いのではないでしょうか? 一概にヒーターと …

寒い冬の必需品といえば「ヒーター」。寒さで凍えてしまいそうでも、ヒーターをつけることによって暖かく過ごせる便利なアイテムです。「今年新しくヒーターを買おうかな」と思っている人も多いのではないでしょうか?

一概にヒーターといっても、種類はさまざま。「どんなタイプのヒーターがいいんだろう?」と、選ぶときに迷ってしまう人もたくさんいます。

そこで今回は、人気がある「セラミックファンヒーター」「オイルヒーター」に絞って、メリットとデメリットを徹底比較していきますね。ヒーターを手に入れようと思っている方は必見ですよ。

セラミックファンヒーターの特徴

セラミックファンヒーターの特徴は、セラミック素材に電気を流すことで熱を作り出し、風を送って熱を放出させるという点。電気だけを使って熱を作り出すため、コンセントを入れて電源ボタンを押すだけで使えるという手間のかからないヒーターです。スイッチをつければすぐに暖かい風が送られてくるので、「いち早く温まりたい!」と思っている方にぴったりでしょう。

また、燃焼させるタイプではないため、換気をあまりすることがないのも特徴のひとつ。冬場は、窓を少し開けただけでも冷たい空気が入ってきて、部屋の温度を一気に下げてしまいます。そのため、換気の回数が少ないのはうれしいポイントですね。

セラミックファンヒーターのメリット

セラミックファンヒーターの大きなメリットといえるのが、電気で動くから簡単に使えること。ヒーターには、石油を購入して補充したり、ガス管を設置したりなど、手間がかかる種類のものがあります。しかし、セラミックファンヒーターであれば、電気さえあれば使えてしまうのです。ほかに用意するものがないので、労力や手間をかけることなく簡単に使えますよ。

また、持ち運びしやすいのもメリットのひとつ。製品によりますが、比較的コンパクトサイズのヒーターが多いので、女性でも楽々動かせるのです。「昼間はリビングで使って、夜は寝室で使う」なんてことも、一台あればできますよ。

そして、本体の値段が安いこともメリットといえます。「ひとシーズンしか使わないからあまりお金をかけたくない」という方にもおすすめのヒーターです。

セラミックファンヒーターのデメリット

セラミックファンヒーターのデメリットとして挙げられるのが、広い範囲は温まりにくいこと。コンパクトでお手軽なぶん、部屋全体を温めるにはパワーが小さいのです。そのため、「電気代がもったいないから狭い範囲だけ温めたい」と思っている方に向いているでしょう。ホットカーペットやエアコンと併用するのもおすすめ。

また、空気が乾燥しやすい点もデメリットといえます。ただ、加湿機能付きのセラミックファンヒーターも売っているので、ぜひ探してみてくださいね。加湿器を一緒に使うのもいいでしょう。

オイルヒーターの特徴

オイルヒーターの特徴は、オイルを使ってヒーター本体を高温にすることによって、熱が自然と放たれ、その熱で部屋を温めていく点です。すぐに部屋の温度を上げるというよりは、ゆっくりと時間を使ってジワジワと部屋を温めてくれますよ。

オイルヒーターからは、熱いのではなく温かい空気が放たれるのも特徴。やけどの心配が少ないため、小さいお子さんがいたりペットを育てていたりする方にぴったりでしょう。

オイルヒーターのメリット

オイルヒーターの大きなメリットとして挙げられるのは、乾燥しにくいということ。オイルヒーターから放たれる温風は、熱すぎず心地よい温度で、風のパワーも控えめです。そのため、空気中の水分を蒸発させにくく、乾燥を抑えてくれますよ。

また、柔らかな風なので、ほこりが発生しにくいのもメリットのひとつ。喘息やアレルギーを持っている方に重宝されています。「パワフルでなくていいから、部屋にほこりが舞うのを避けたい」と思っているなら、オイルヒーターをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

そして、スイッチをオフにしてもしばらく暖かいのもメリットといえます。オイルヒーター本体を温めるので、電源を切ってもすぐに熱が冷めないのです。温かさが長く続くのはうれしいポイントですね。

オイルヒーターのデメリット

オイルヒーターのデメリットといえるのが、温まるまで時間がかかること。まず機械自体に熱を持たせるので、すぐに温風が出てくるわけではありません。温まるまで少し待つ必要があるのです。「温度変化で体調が悪くなるため、すぐに温まるよりも、ジワジワと温まってほしい」という方におすすめします。

また、電気代が高くつきがちなのも、オイルヒーターのデメリットといえます。「本体を温める」「温めるのに時間がかかる」という点から、多くの電力を消費してしまうのです。ただ、温かさが持続するため、断熱性が高くて熱を逃しにくい部屋であれば、スイッチをオフにしてからもしばらくポカポカの状態が続きますよ。

おすすめのヒーターをご紹介!

最後に、家具・インテリア通販ショップのモダンデコから、おすすめのヒーターをピックアップしていきますね。セラミックファンヒーターでおすすめしたいのが「セラミックファンヒーター SOLEIL」。チャイルドロック機能や転倒時自動電源OFF機能など、安全性がバツグンのヒーターです。

厚さ約11cmというスリムさや、カラーバリエーションが4つあることから、おしゃれな部屋にも取り入れやすいでしょう。

オイルヒーターでおすすめしたいのが「オイルヒーター PULITO」。ジワジワと部屋全体を暖かくしてくれて、まるで陽だまりの中にいるかのような気分が味わえます。

オイル交換をする必要がないので、スイッチを入れるだけで楽々使えるのもポイントです。

ライタープロフィール

かしみん
かしみん
ライター3年目。1DKの賃貸マンションに住んでいて、「次に引っ越す家には書斎が欲しいなあ」と夢見る日々。

散歩の時間と眠りにつく瞬間がだいすきです。人生のBGMはサザンオールスターズ。とろけるチーズは飲みものだと思って生きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。