0

シェルフに使われる素材を徹底解剖!特徴を理解してピッタリなシェルフを選ぼう

様々な用途に使うことができ、とても便利なシェルフ。 形が決まっているシェルフから、組み換えが可能なユニットシェルフまで、様々な形状のものがありますよね。 また、木材から鉄製のものまで、色々な素材で作られたものがあるのも特 …

様々な用途に使うことができ、とても便利なシェルフ。

形が決まっているシェルフから、組み換えが可能なユニットシェルフまで、様々な形状のものがありますよね。

また、木材から鉄製のものまで、色々な素材で作られたものがあるのも特長の一つです。

この記事ではシェルフの購入を検討しているあなたに、シェルフの用途から、代表的な素材の特性を紹介します。それぞれの素材に長所、短所があるので、特長を活かしたインテリア作りを楽しみましょう!

こんなにもある!シェルフの用途

素材の紹介をする前に、まずはシェルフがどのような用途で利用できるかを整理しましょう。

シェルフといえば、画像のように棚として本棚などに使われるイメージが強いですが、特にユニットシェルフは工夫次第で、たくさんの用途で活用が可能です。

例えば、

  • 本棚
  • TVラック
  • 洗濯機用のラック
  • 勉強机
  • ワードローブシェルフ

などなど……。

シェルフさえあれば、どんな収納にも対応ができると言っても過言ではないすぐれものです。

「引っ越しなどが多くていちいち家具を買い替えたりするのがめんどう……」「最低限の収納家具で効率的にインテリアコーディネートをしたい」という方は、シェルフを活用して臨機応変に用途を変えながら使うといいかもしれませんね。

シェルフに使われている素材の特徴を紹介!

シェルフの用途の多様性は理解いただけましたでしょうか?次はいよいよシェルフに使われる素材の特長を紹介していきます。それぞれの特性を理解して、適切な使い方をしましょう!「スチールシェルフ」「ステンレスシェルフ」「ウッドシェルフ」の順に紹介していきますね。

スチールシェルフ

スチール・ステンレスともに鉄の一種ですが、スチールは日本語で言う「鋼」のことを指します。鋼は鉄に微量の炭素を足して作られる素材です。スチールはステンレスと比べてやや白みがかった色味が特徴です。

ステンレス素材よりも安価ですが、水に弱く錆びやすいのがデメリットです。そのためキッチンや洗面所など、水気がある場所での利用には不向き。サビが発生するのを防ぐために塗装をして舗装しているものもありますが、使用していくにつれて剥がれていってしまうため、やはり水気のない場所での利用がおすすめです。

その他の素材に比べてとても安価なので、リビングでたくさんのものをまとめて収納したい!というときには数を揃えやすく、活躍するのではないでしょうか。

ステンレスシェルフ

先述の通り、ステンレスも鉄の一種ですが、ステンレスはスチールと比べて錆びにくいという特長があります。そのため、メッキ加工や塗装をしなくても利用可能です。ステンレス特有の鈍い輝きは高級感があり、インテリアにワンランク上の雰囲気を醸し出します。

値段は高めですが、耐久性に優れており、長年利用可能なので「同じ家具をいつでも使い続けたい!」という方におすすめの素材です。最後に紹介するウッドシェルフも水気には弱いため、キッチンや洗面所などで使うのであれば迷わずステンレスシェルフを選びましょう。

ウッドシェルフ

最後に紹介するのはウッドシェルフです。ウッドシェルフにもオーク材を使ったもの、パイン材を利用したものなど様々な木材を使ったものがあります。それぞれ簡単に特長を紹介します。

オーク材シェルフ

オーク材は木材の中でも、とても頑丈な素材として知られている素材です。その頑丈さは折り紙付きで、ワイン樽や住宅の骨組み、家具など幅広い用途で活用されています。

耐荷重が非常に高く、本棚や食器棚など、重さが気になるシーンでも何も心配することなく利用できるのは嬉しいポイントですよね。高級木材なのでその分値段は張りますが、その値段に見合った活躍をしてくれることは間違いないでしょう。「長期間に渡って愛用できる家具を購入したい!」という方におすすめの素材です。

パイン材シェルフ

パイン材はオーク材に比べると安価な木材で、テーブルやベッドなど、様々な木材に活用されています。とても軽くて使いやすく、温かみのある風合いが特長です。パイン材の家具は、基本的に木の呼吸を妨げないように、ウレタン加工や塗装などを行いません。そのおかげで、まるで森林浴を楽しんでいるかのような爽やかな香りが楽しめます。「お部屋にリラックス効果がほしい」という方にとてもおすすめの木材です。また、使い込むほどに白っぽい黄色から艶のある飴色に変化していくので経年変化を楽しみたい、という方にもおすすめ。

使っていくほどにどんどん愛着が湧いていきますよ。柔らかい木材なので傷が付きやすく、水気に弱い点は注意しましょう。木材でありながら安価で購入できる点はとても魅力的ですよね。

終わりに

シェルフは収納家具のほとんど全てのものとして利用可能な便利な家具です。利用される素材も多く、その特長は一長一短。予算、使用用途、引っ越しの頻度など、自身のライフスタイルに合わせて最適なシェルフを選んでくださいね!

ライタープロフィール

オハラージャパンあっとうてき
オハラージャパンあっとうてき
オハラージャパンです。総合ライフスタイルストアで家具部門の接客販売をしていました。シンプルな部屋がすきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。