0

合成皮革にも種類がある!ソファで気になる各素材の特徴

本革のような質感なのに、比較的安価で雰囲気溢れるソファが手に入るのが合成皮革の良いところ。 ソファなどのお部屋のメインになるようなアイテムにもよく使われています。 一言に合成皮革といっても、種類があるんです。 今回は気に …

本革のような質感なのに、比較的安価で雰囲気溢れるソファが手に入るのが合成皮革の良いところ。
ソファなどのお部屋のメインになるようなアイテムにもよく使われています。
一言に合成皮革といっても、種類があるんです。

今回は気になるのがお手入れ方法やメリット、デメリットをご紹介します。

ソファに使われている合成皮革はこの2種類

布地の表面に樹脂を塗布し、質感を天然皮革に似せた人工素材のことが合成皮革と呼ばれています。バッグや靴などで私たちの生活でもよく見かける素材ですね。
家具であれば、椅子の座面やソファなどの製品に使われることが多い素材です。

布地の表面に塩化ビニール樹脂を塗布した「PVC」

「PVC」とは「ポリ塩化ビニール」を意味する “Polyvinyl Chloride” の略になります。

「PVC」のメリット

PVCは比較的安価に手に入れることができるのが一番のメリットです。

表面は若干硬めで、ツルツルとした質感が特徴になります。水拭きも可能で、耐久性が高く汚れに強いため、メンテナンスの際でも水や中性洗剤で汚れを拭き取ることができ、非常にメンテナンスが簡単という特徴も。

また、布地と違いカビやダニの発生が少ないため、子どもやペットを飼っているお家では防虫を気にせずに使える素材なのも特筆すべきメリットの一つです。

またこうした機能面だけでなく、加工性も高いのでカラフルな色に仕上げることもでき、アイテムのカラーバリエーションも幅広く揃えることができます。

「PVC」のデメリット

安価で手に入るところは良いのですが、通気性や弾力性・柔軟性は低いのがデメリットです。
PVCを使ったソファだと長時間座っていると蒸れが生じる可能性が高く、湿度の高い夏場の時期やジメジメとした高湿度な梅雨時期には、このムレが気になる方も多いかもしれません。

経年劣化に弱いのもデメリットの一つです。長年使用すると、表面が固くなったり、使っているうちに表面の樹脂コーティングが割れるなど痛みが生じる可能性も高くなっています。

安価では購入できるため、買い替えスパンが短い場合や、長年は使用しないと決まっている場合には十分に活躍する素材です。

使用頻度や使用予定年数などを考慮して、特徴を掴んでいった方がベターになります。

布地の表面にポリウレタン樹脂を塗布した「PU」

「PU」とは「ポリウレタン」を意味する “Polyurethane” の略になります。フェイクレザーとも呼ばれることが多く、本革に近い質感を持つのはどちらかといえばこちらの「PU」です。

「PU」のメリット

上の項目の「PU」と比較すると少し価格が上がりますが、その分本革に近い見た目や質感が再現されているので高級感のある雰囲気となっています。

柔らかい肌触りが特徴で、もちもちとした感触があるほど柔軟性のある素材です。そのため弾力性や柔軟性に富み、ソファのような柔らかいカーブがあるアイテムに使う際にぴったりです。
本革にはもちろん負けてしまいますが、上の項目のPVCと比較するとPUの方が通気性があり、ムレが気になるような張り付く感覚は減ります。

メンテナンス方法は水拭きというよりは、基本的に乾拭きを推奨します。撥水性のある素材にはなっていますが、PVCよりは水に特別強い訳ではありません。

「PU」のデメリット

経年劣化の面からいえば、PVCよりは長持ちし、本革に比べると耐久性は劣る…という具合です。

ただ1点、取り扱いの際に注意したいのは、高湿度の場所での使用は“加水分解”といって、水分との化学反応を起こし表面がボロボロになる現象が起こってしまう可能性があります。

撥水性や表面の柔らかさなど、素材自体は少し弱くはなりますが、その分柔軟性が高く、座った時の重身を分散させることができます。

これらの特徴から、本革に近い素材として上質な合皮素材という位置付けとなっています。

それぞれの素材を使ったソファをご紹介します

各素材の特徴を知ったあとは、実際にこれらの合成皮革を使ったソファをご紹介していきます。

PVCを使用したソファ


比較的に安価なのがPVCの良いところ。

硬めの素材となっているため、ハリのある座面がお好みの方や、しっかり水拭きなどのメンテナンスをしたいという方にオススメしたいソファです。

美しさを長く保つため、生地の細かい縫製部分にもこだわった丁寧な作りであるのも特徴。ソファ内部には高密度ウレタンを使用し、ソファでも座り疲れしにくくなっています。

 

 

PUを使用したソファ


艶やかな質感が特徴のこちらのソファ。まるで本革のような高級感が漂う、存在感あるソファとなっています。

本革に近い質感でありつつも、乾拭き・水拭きなどのメンテナンスが気軽にできるので、本革のソファではちょっと躊躇してしまう子どもやペットがいるお家にもオススメです。

角のエッジがきいたスクエア型のデザインと、足元の金具がスタイリッシュな印象のソファ。リビングにおけば、お部屋全体の格が一気に上がること間違いなしです。

合成皮革を使ったソファのまとめ

PVCとPU、それぞれの合成皮革を使ったソファをご紹介しましたがだったでしたでしょうか。
ソファのデザインだけでなく、各素材の特徴をきちんと理解し購入するのも、愛着を持って家具を使う秘訣です。これからソファの購入を検討している方は、サイズやデザインのほか、こうした素材面もよくチェックしてから購入するのがベストですね。

各素材のメリットを生かして、お気に入りのソファと出会えますように♪

ライタープロフィール

booknest
booknest
ナチュラルでシンプル、すっきりしたインテリアが好みです。なるべく物を持たない暮らしを心がけてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。