0

もう迷わない!家具の基本素材と特徴まとめ

家具を選ぶ際に気になるのが、木材の種類や見た目。 色合いや質感、木目に至るまで、なかなか買い替えるものではないからこそこだわり抜きたいものです。 ですが、木材は種類も多く、違いもいまいち分かりづらくはありませんか? また …

家具を選ぶ際に気になるのが、木材の種類や見た目。
色合いや質感、木目に至るまで、なかなか買い替えるものではないからこそこだわり抜きたいものです。
ですが、木材は種類も多く、違いもいまいち分かりづらくはありませんか?
また、無垢材や集成材といった違いも、素人にはなかなか分からないものです。

そこで今回は、これら家具を選ぶ際に知っておきたい材料の違いを解説します。
それぞれの違いや特徴を知ることで、自信を持って家具選びをすることができますよ。

家具に使われる基本材料とその特徴


家具には、様々な種類の木材が原料として使われています。
さらには、板の種類まで違いがあるのです。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

無垢材

材料となる天然木からそのまま切りだしたものを、無垢材と呼んでいます。
天然木はどれもが唯一無二のもので、同じ色味、木目のモノは存在しない特徴があります。
それが魅力でもあり、その家具だけがもっている雰囲気や表情など、情緒的な楽しみ方をすることも。
長く使えることも魅力の1つで、正しいお手入れを定期的に行うことで、経年変化を楽しみながらオンリーワンの家具へと変化していきます。

集成材

ブロック状、もしくは棒状に分かれた細かな木材のパーツを継ぎあわせて板状にしたものです。
無垢材に比べると安価で、お求めやすくコストが安いため、値段の安い家具の原材料によう使用されています。
集成材は天然木とは違い、複数の木をくっつけているため、どうしても耐久性の面では劣ります。
しかし、継ぎ合わせならではの見た目の美しさは魅力です。

使用用途をきちんと選べば、集成材でも長く使える家具の1つとなるでしょう。

繊維版

繊維版とはその名の通り、木の繊維を熱で圧縮して固めたものです。
表面がつるっと滑らかなことが特徴で、使用感も木材と変わらず質感や加工性も劣りません。

パーティクルボード

木材の欠片を接着剤と混ぜ合わせ、加熱して圧縮したものがパーティクルボードです。
建材として、家の壁や床に使用されることもあれば、化粧板を張り付けて家具に使用されることもあります。

合板

ベニヤ板を薄くスライスし、それを互い違いに重ねて熱圧縮したものを合板と呼びます。
これをベニヤ板と呼ぶこともあります。
枚数や厚み、使われた木材の質、加工度合いによって等級に違いがあります。

家具によく使われる木材の種類とその特徴


家具には、多くの種類の木材が使われています。

  • パイン材
  • ウォールナット材
  • オーク材

どれも家具を探していれば、よく目にするものばかりです。
それぞれの特徴を知ることで、自分が求めていた家具が見つけやすくなります。

パイン材

パイン材は、日本には馴染みの深い松の木を加工したものです。
北米産の松の木をパイン材と称することが多く、その種類は実に50種類以上。
中でも、家具素材として使用されるものは、ホワイトパインやイエローパインなどで種類は限られています。

柔らかい性質を持っていて、DIYなどにも向いている木材です。
色味は白っぽく、やや黄色味がかった特徴があります。
油分を多く含んでいるため、経年変化では艶のある見た目に。
さらさらとした触り心地と、温かみのある雰囲気が人気の木材です。

ウォールナット材

ウォールナットは、ブラックウォールナットと呼ばれることがあります。
というのも、種類があり、一般的に家具などに使われるのはブラックウォールナットなのです。
衝撃に優れ、色味や木目が美しく高級感があるため、インテリアとして大変な人気があります。
高級家具とも言われるようなものにも、頻繁に使われるほどです。

油分も相応に含んでおり、経年変化では艶が出て、使い込まれた逸品といった風合いが出てきます。
色味はぬくもりを感じさせる濃い茶色をしており、木材か切り出せる部分が少ないことから、価格は少し割高です。

オーク材

オークは、日本ではナラ材とも呼ばれることがあります。
ですが、ヨーロッパのモノと比べると違い、日本は木目が荒く、白っぽいのが特徴です。
虎斑(とらふ)と呼ばれる模様も、オーク材の特徴の1つ。
オークの木目や見た目は地域によって様々で、同じ原料でも様々な表情を持ったオークが存在します。

オークはとても堅く、耐久性に優れています。
ただ、とても乾燥しやすいため、定期的なオイル塗装などの手間が欠かせません。
色味は、白っぽいものから茶色まで様々です。

材料や木材の特徴を知れば、より求めていた家具が見つかる!


木材とその加工法には、様々なものがあります。
その違いや特徴を知ることができれば、自分はどんな家具を探しているのかを、はっきりさせることができます。
今回は、パイン材やウォールナット材など代表的な木材をご紹介しました。
もちろんこれ以外にも、いくつか原材料となるものはありますが、木材の特徴に関しては大方の違いは知って頂けたと思います。

家具はそう何度も買い替えるものではありません。
だからこそ、納得の行くお買い物をしたいものです。
木材の特徴を見極めて、あなただけのお気に入りの逸品を見つけてください。

ライタープロフィール

shirabou
shirabouフリーライター
初めまして!白坂優(しらさかゆう)といいます。
料理が得意で、フリーライターをしています!
アウトドアが好きで、キャンプ用のチェアやテーブルを室内で使っていました。
ソファで寝落ちする瞬間が、たまらなく好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。