0

黒でまとめたシックなインテリア空間【モノトーンインテリア】のポイント

オシャレなインテリア空間の代表格といえば、白と黒でまとまったモノトーンな空間。 落ち着きのある大人の空間といったイメージが人気の理由です。 モノトーンコーデに挑戦したいけど、どんなポイントがあるの? オリジナル性を出すモ …

オシャレなインテリア空間の代表格といえば、白と黒でまとまったモノトーンな空間。

落ち着きのある大人の空間といったイメージが人気の理由です。

  • モノトーンコーデに挑戦したいけど、どんなポイントがあるの?
  • オリジナル性を出すモノトーンコーデのポイントは?

などなど、モノトーンコーデといっても、気になる点はありますよね。

 

男性から女性まで楽しめる魅力的な空間ですが、モノトーンコーデにはポイントがあります。

落ち着きあるモノトーン空間を作りたい【黒】がもたらすインテリア効果とは

モノトーン空間で過ごすことで得られる効果は、実は複数あることが分かっています。

調べてみると、インテリア空間としての効果だけでなく、人の心や感覚に与えるものがあることも分かったんです。

黒【大人空間】の象徴。落ち着いた雰囲気を生み出してくれる

モノトーンコーデは、色彩を持たない色を組み合わせる、特徴的な配色です。

色には、人にイメージをもたらす力があります。

赤色であれば、温かさを感じさせるといった具合です。

モノトーンは、洗練されたイメージを与えます。

 

都会の喧騒の中で過ごし、磨かれてきたような強さを感じさせるのです。

映画やドラマでも、デキる男やお金持ちの部屋によく見るのではないでしょうか?

モノトーンは落ち着いた空間でありながら、どこか緊張感を漂わせる部屋でもあるのです。

白×黒のバランスで明るくまとまったスタイリッシュ空間にもできる

モノトーンな空間と聞くと、黒が基調となり、暗い部屋というイメージはありませんか?

そのため、暗い空間が嫌な人は、モノトーンに抵抗がある人もいると思います。

ですが、部屋の明るさは、配色のバランスで調整することができるんです。

 

モノトーンな部屋で使用するカラーは、白と黒です。

当然、黒を多く取り入れた部屋は、空間を暗く落ち着いた印象にすることができます

ということは、反対に白を多く取り入れれば、空間を明るくすることができます。

このように、配色の割合を調整すれば、モノトーンコーデも明るさを好きなように変えることができるんです。

 

【黒空間×インテリア】のおススメコーデ術をご紹介

お部屋のインテリアを考える際は、空間のイメージをすることがとても大事です。

ですが、それだけではなく、実際にどんな家具を置くかなども考えなくていけません。

そこで、モノトーンな空間に合い、過ごしやすさも考えたインテリアコーデのポイントを押さえていきましょう!

黒の割合に注意して、インテリアを考えていこう。部屋を大きく見せることも!

結論から話すと、モノトーンの空間は、黒の面積によって部屋を広く見せることができるようになります。

1人暮らしの小さな部屋でも、工夫次第で広い空間に魅せることができるなんて、嬉しいですね!

広く見せる際のポイントは、黒の使用は控えめにすること。

白やグレーなどを使用すると、部屋は広く見えるようになります。

理由は、色の持つ特性にあります。

暗い色は小さく、締まって見えるので、空間が収縮して見えます。

反対に明るい色は、膨らんで大きく見えるので、部屋は広く感じるのです。

服でも、黒の方が締まって見えるなんて言うのはこのためなんですね。

 

まとめると、小さな部屋なのに黒を多用すると、さらに狭い空間に感じてしまう可能性が高いです。

もちろん、気にならないというのであれば、全然OKです。

狭い空間が落ち着くという人もいますからね。

スタイリッシュな黒い空間に、温かさを出すためにはアクセントカラーを入れよう

モノトーンは白や黒など、色彩のない色でまとまった空間を作るものです。

ですが、あえてここに赤や黄色などの色彩の強い色を入れると、それはそれでオシャレなアクセントカラーとして映えるのです。

空間に指し色が生まれ、インパクトを生み出すことができます。

 

例えば、モノトーンな空間に鮮やかな色遣いの絵画を飾ってみる。

好きなアーティストのポスターなんかも良いですね!

また、好きな小物や置物などを置くのもオシャレです。

観葉植物のグリーンなども、モノトーンな空間では、鮮やかに映えます。

 

モノトーンな空間だと、色彩のあるカラフルなものは、自然と目立ちます。

そのため、目立たせたいものなどは、自然と存在感を出すことができるんです。

美術館のように、普段からお気に入りのモノを眺めながら生活をする、なんてこともできる空間。

 

モノトーンは配色を調整すれば、部屋の明るさを変えることもできますし、より広く空間を魅せることもできます。

また、部屋全体がシックにまとまっているので、カラフルな色はアクセントカラーとなり空間に華を添えます。

 

配色は少ないとはいえ、バリエーションや活用法は多くあるというのが、モノトーンコーデの魅力です。

モノトーンコーデは様々な効果を持つオシャレ空間

落ち着いた空間を作る、という1点に置いて活用されがちなモノトーンコーデですが、実は多くの応用が利く空間でもあります。

  • 部屋を広く見せることができる
  • アクセントカラーが映える

などなど。

 

とはいえ、大人の洗練された空間のイメージは根強く、今も昔もオシャレ部屋の代表格であることは間違いありません。

モノトーンに憧れを抱いているのであれば、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?



ライタープロフィール

shirabou
shirabouフリーライター
初めまして!白坂優(しらさかゆう)といいます。
料理が得意で、フリーライターをしています!
アウトドアが好きで、キャンプ用のチェアやテーブルを室内で使っていました。
ソファで寝落ちする瞬間が、たまらなく好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。