0

ラグマットの正しい選び方!失敗しない大きさや毛の長さは?

  部屋の雰囲気をほとんど決めてしまうラグマット。 失敗してしまった経験のある人は多いんじゃないでしょうか?   わたしは初めてマットを買ってみたときに、大きさも素材もかなり間違えました。笑 選び方を …

 

部屋の雰囲気をほとんど決めてしまうラグマット。

失敗してしまった経験のある人は多いんじゃないでしょうか?

 

わたしは初めてマットを買ってみたときに、大きさも素材もかなり間違えました。笑

選び方をミスすると、処分にも困ってほんとに大変です…。

 

  • 部屋を決めるものだから失敗したくない
  • 色や柄を自分好みにしたい
  • でも使い心地も良いものがいい

こんな風に、なんとなくこだわりを持っていても失敗してしまうんですよね。

 

この記事では、正しいラグマットの選び方を具体的に説明します!

とくに、「ラグマット初挑戦!」や「一度失敗した…」という人は必見です。

ラグマット選びでありがちなミス3つ

以前のわたしのように、ラグマットは敷くだけのものと思っていると盛大に失敗します。

けっこう大きなインテリアを置くと思うと、慎重にいかなきゃ行けなかったんですよね。

ラグマット選びでありがちなミスを紹介するので、こんなことが無いように気をつけましょう。笑

大きさが合わない

どのインテリアよりも致命的になってしまう、ラグマットの大きさ問題。

大きすぎて部屋に入らないのも、小さすぎて意味がないのも、どっちもアウトです。

 

ちなみにわたしの場合は小さすぎて、自分が乗るくらいしかできませんでした。笑

そもそも買うときに大きさ見てなかったんですよね…。(なぜ)

 

そのまま置いとくと変なので、ふだんは畳んでました。

寝っ転がるときに敷くという感じになって、ふとんみたいでしたね。

色が合わない

「たかがマット」と甘く見ていたんですが、マットの色は想像以上に目立ちます。

ちょっとの色の濃さの違いで、部屋の印象がガラッと変わってしまうんですよね。

 

わたしはピンクが好きですが、マットの色をサーモンピンクにしたらだいぶメルヘンな部屋になってしまいました。

ラグマットは大きいので、その色自体よりも濃く感じるんです。

自分のイメージと離れてしまって後悔…ということに。

素材が合わない

人の肌はかなり敏感なので、素材が少しでも合わないとストレスがかかります。

とくにわたしは、肌が弱いのでチクチクするものはダメだし、体が凝りやすいので硬いものはダメです。

 

あとは生活習慣によっても使いやすいのもは変わってきます。

毛足の長いラグマットは、エレガントですが掃除とかが大変なんですよね。

小さなお子さんがいる家庭には向きません。

ラグマットの正しい選び方

「ラグマット選びに失敗して結局つかってない…」なんてことにならないために、正しい選び方を知っておきましょう。

  • 部屋に対してどのくらいの大きさがいいの?
  • 色はなにを基準に決めたらいい?
  • ずっと使いやすい素材って?

など、すぐにできることを具体的に教えます!

部屋の大きさを知ってからラグマットを決める

部屋の大きさをまず知りましょう。

ひとりで使う部屋ならだいたい6畳、リビングなら10〜12畳くらいが多いと思います。

 

それを基準にすると…

6畳ワンルーム→150〜200cm×150〜200cm

12畳リビング→200cm×250cm

 

このくらいの大きさのラグマットだと、テーブルなどの家具が置けてゆったり座れる感じです。

ポイント使いがいい人は、もっと小さいのにするのがおすすめ!

ラグマットの色は好みよりも薄めにして

ラグマットは大きなインテリアなので、想像以上に存在感があります。

色は、ちょっと濃く感じると思っておいたほうがいいです。

 

いいな〜と思う色より明るめのものを選びましょう。

もしくは、アースカラーにすると自然な雰囲気になりやすいです。

無難なのは、深いグリーンやベージュ。

素材は必ずチェック。低反発がおすすめ

見た目にこだわりたい気持ちもわかりますが、素材は必ずチェックして妥協しないようにしましょう。

せっかく気に入ったものでも、素材が合わないと結局使えません。

 

好みによりますが、わたしは厚めの低反発マットがお気に入りです。

ほどよい弾力で、そのまま座っていても疲れないんですよ!

ゴロゴロしながらゲームしたり本を読んだりするのに最適。

 

お子さんがいる場合、転んでも安心できますし。

毛足がみじかいので掃除もラクラクです。

迷ったら低反発を試してみてください。

マットが決まればお部屋がキマる!

一度失敗した経験から、とにかくマットを慎重に選ぶようにしています。

落ち着いた部屋にするなら深いグリーン、明るく見せたいなら薄いベージュ。

こんな風に、好みではなくルールを決めるんです。

 

アースカラーは、ナチュラルにも北欧系にも、ヴィンテージにも合わせやすい色。

なので、ラグマットは無難にシンプルなもので、冒険しないようにしましょう。

他のインテリアでアクセントを加えて、全体のバランスをよくするほうがカンタンです。

 

マットを決めてしまえば部屋のコーディネートはとてもラクになります。

  • きちんと部屋に合った大きさ
  • 主張しない控えめな色
  • 肌に優しい低反発素材のもの

今回紹介したポイントをばっちり押さえて、あなたにぴったりのラグマットを見つけてくださいね!

ライタープロフィール

りっかこ
りっかこライター
「モノを減らして整理整頓」がモットーの片付け女子。
印象、恋愛の分野からおすすめなインテリアを紹介します。
とにかくモテる部屋づくりをしましょう〜〜〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。