0

流行に流されないヴィンテージコーデ術とオススメインテリア

「ヴィンテージコーデ」。 黒やブラウンなどを基調に、シックで落ち着いた空間を指します。 流行に流されず、グレーやシルバーなどのインテリアを合わせる。 パイプや鉄などの武骨な男らしいインテリアが、いっそう際立つインテリアコ …

「ヴィンテージコーデ」。

黒やブラウンなどを基調に、シックで落ち着いた空間を指します。

流行に流されず、グレーやシルバーなどのインテリアを合わせる。

パイプや鉄などの武骨な男らしいインテリアが、いっそう際立つインテリアコーデです。

 

男性であれば、イケてる部屋として、一度は憧れたことがあるのではないですか?

 

イメージとしては、アメリカのオシャレなレトロなカフェ、といった感じ。が分かりやすいでしょうか?

ヴィンテージコーデにも、シンプルやナチュラルといった特徴があります。

空間に統一感があるからこそ、ちょっとした小物やお気に入りのインテリアが映えるのも、嬉しい魅力です。

今回は「ヴィンテージコーデの魅力」と「コーデのポイント」をご紹介します!

レトロ感がおしゃれな男部屋、ヴィンテージコーデの魅力

ヴィンテージコーデの魅力は、レトロ感と強い素材感にあります。

金属製のパイプ椅子、革張りのシンプルなチェア、ガラス板を乗っけただけのようなテーブル。

武骨で、飾り気のないシンプルなインテリアが活きるのが、ヴィンテージコーデです。

お部屋を男らしくシンプルにまとめたい、すっきりと見せたいという方におすすめのコーデですね。

シンプルな空間と歴史を感じる重厚感がヴィンテージスタイル

ヴィンテージコーデに使うインテリアは、シンプルなものが多いことが特徴。

そのため、事前とお部屋の空間もシンプルにまとまっていきます。

また、インテリアのデザインがシンプルなので、どちらかといえば古風な雰囲気があります。

近代的なインテリアに見られる、曲線の多いデザインや、奇抜なシルエットはありません。

 

シンプルで、古風なレトロな空間。

それが、ヴィンテージでまとまった部屋のイメージです。

カフェのように、物が雑多に溢れている空間もありますが、統一感があるのでまとまった印象になります。

インテリアがシンプルなので、小物や趣味の道具なども、いいアクセントとなって空間を作ってくれます。

 

お気に入りのインテリアが、年代物であれば、歴史を感じられるシックな空間となるでしょう。

ヴィンテージインテリアを活かした空間を作るために

では、実際にヴィンテージ空間を作る際のポイントを、お伝えします!

選び方やポイントを知って、個性のあるヴィンテージ空間を作っていきましょう。

ヴィンテージインテリアは、素材で選ぶ

まず1つ目のポイントは、「素材」です。

先にもお話しましたが、ヴィンテージインテリアは、シンプルかつ素材感の強い物が多いです。

よりクールな空間にしたいのなら、金属製のインテリアや、ガラスを使用したものを。

カフェのような、ぬくもりもある空間が好きなら、そこにウッドの要素も取り入れると良いですね。

 

観葉植物などのグリーンも、指し色となって空間づくりには、とても良いアクセントになります。

適度な生活感も出すことができて、クールすぎない印象にすることができます。

テーマカラーは落ち着きのあるブラウン系でシックにまとめる

ヴィンテージコーデを作る際のテーマカラーは、黒やブラウンなど落ち着いた色がおすすめです。

全体的に暗めの配色にすることで、落ち着いた空間という印象にできます。

そこからさらに、あなた自身がどのような空間にしたいかで、補色が変わってきます。

 

さらにクールに、男らしい空間なら、シルバーや目立たないガラス素材を。

生活感のある空間なら、ブラウンやグリーンを。

デザイン性や個性を出すなら、赤や黄色などのポップな配色を。

ゴージャスさや非現実感をだすなら、紫やベージュなどもおすすめです

 

このように、ヴィンテージコーデは様々なシチュエーションに、変化させることができる魅力もあります。

光と緑のアクセントも忘れずに

もう一つ、ヴィンテージコーデを際立たせる要素があります。

それが、光です。

光とは、自然光や間接照明のことです。

ヴィンテージコーデに、真っ白に降り注ぐ光は、おすすめではありません。

 

それよりも、足元から光るオレンジがかった色や、自然光がおすすめです。

その方が、雰囲気が出るだけでなく、シンプルな空間にあったくつろぎを楽しむことができます。

おススメのヴィンテージインテリア

ここでは、ヴィンテージコーデにおすすめの、インテリアを3つご紹介します!

 

まずはソファから。

革張りの黒やブラウンを基調とした2人がけのソファです。

ヴィンテージコーデにはおすすめのアイテムです。

 

お次はデニムのマットです。

味のあるデニムは、ヴィンテージ空間にはすっと馴染むだけでなく、個性を際立たせます。

最後は、ウッド調のテーブルです。

天板は木製ですが、フレームは金属製で、ヴィンテージインテリアの特徴を掴んだインテリアとなっています。

家具の魅力が引き立つレトロな空間、それがヴィンテージコーデ

ヴィンテージコーデの最大の魅力は、インテリアの魅力が最大限に際立つこと。

シンプルな空間に、シンプルなインテリアだからこそ、インテリア1つ1つの魅力を感じることができます。

配色やシンプルがゆえのクールで落ち着いた空間も、独特のリラックス空間を生み出します。

 

お気に入りのモノに囲まれた、まるで秘密基地のような空間を、ヴィンテージコーデは与えてくれます。

古き良きものを現代の暮らしに、取り入れたレトロな空間。

個性的で、魅力ある空間であることは間違いありません。

 

この機会にあなたも、ヴィンテージコーデを取り入れてみてはいかがでしょうか?

ライタープロフィール

shirabou
shirabouフリーライター
初めまして!白坂優(しらさかゆう)といいます。
料理が得意で、フリーライターをしています!
アウトドアが好きで、キャンプ用のチェアやテーブルを室内で使っていました。
ソファで寝落ちする瞬間が、たまらなく好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。