0

あなたの睡眠は大丈夫?睡眠の大切さをもっと知ろう!

睡眠が大切なのは誰もが知っていることだと思います。 しかし、どう大切なのか、またどのような効果があるのか、あなたは知っていますか? 睡眠には、さまざまな良い効果があると同時に、不足するとリスクを負ってしまうこともR …

睡眠が大切なのは誰もが知っていることだと思います。

しかし、どう大切なのか、またどのような効果があるのか、あなたは知っていますか?

睡眠には、さまざまな良い効果があると同時に、不足するとリスクを負ってしまうことも…。

同じ睡眠でも質の良い睡眠をとりたいですよね。

そのために、睡眠についてもっと探ってみましょう!

睡眠の効果は?

心の健康に良い

眠りにつく際、徐々に交感神経の活動が弱まっていき、副交感神経が優位になります。

活動時は交感神経、休息時は副交感神経という自律神経の役割交代がスムーズに進むと、

脳も体もリラックスし、その結果しっかりと休息をとることができます。

睡眠不足は脳の代謝を低下させ、ストレスと共に発生するコルチゾールの分泌を増加させます。

ストレスを感じたり、不安な気持ちが続いたりする時にぐっすり眠ることで脳内の分泌物質を正常に戻し、

ストレスやうつ症状を緩和、軽減することが期待できます。

肥満予防

食欲をコントロールするホルモンは、実は睡眠と密接な関係を持っています。

短い睡眠時間は、食欲をコントロールするホルモンの分泌バランスを崩します。

また、食欲を亢進させるグレリンの分泌が多くなり、逆に抑制するレプチンは減少する傾向が見られます。

睡眠時間の短さによって肥満になる確率も高くなるのです。

美容促進、美肌効果

肌のターンオーバーを促進してくれるのは、睡眠時に発生する成長ホルモンです。

深い眠りに入ると同時に、成長ホルモンの分泌が始まります。

加齢によって成長ホルモンの分泌が徐々に少なくなりますが、睡眠不足や浅い眠りを続けることも、

成長ホルモンの分泌を妨げる原因になっているのです。

睡眠が不足すると何が起こる?

記憶力の低下

睡眠には日頃の記憶を整理し、記憶として脳に定着させる働きがあります。

まとまった時間で睡眠のリズムを作ると、不要な感情や体験を取り除き、記憶能力を十分に生かすことができます。

充分な睡眠をとれば脳はさえて記憶力が高まりまるのです。

なのでよく休んだ脳は、ずっと効果的に仕事や物事を覚えたり、思い出したりできるのです。

逆に言えば、睡眠が不足してしまうと脳内で記憶の整理が十分に行われないまま、

新たな記憶が上書きされてしまうため、物覚えが悪くなってしまい、記憶力の低下につながるのです。

抑うつ状態の発生

睡眠には脳を休ませ、自律神経を整える働きがあります。

睡眠時間が不足すると体内時計を狂わせ、不安感や抑うつ感、被害妄想などが発生しやすくなるといわれています。

ストレスによって発生するコルチゾールは過剰になると脳の海馬を委縮させ、

過剰な不安感に襲われるなど抑うつ状態につながるリスクを持っているのです。

睡眠がいかに大事かわかりますよね。

生活習慣病のリスクが高まる

不規則な睡眠や慢性的な睡眠不足は身体の生体リズムに悪影響を及ぼします。

自律神経のバランスを崩すだけでなく、体内のホルモン分泌にかかわる内分泌系へも影響を及ぼします。

体に疲労が蓄積していき、交感神経の緊張が続くとストレスから発生する糖質コルチコイドの過剰分泌によって

血糖が上昇し、高血圧や高血糖が起こりやすくなります。動脈硬化にも繋がる恐れもあります。

睡眠不足がは、糖尿病やがん、狭心症、心筋梗塞などの生活習慣病を発症するリスクが高まるのです。

質の良い睡眠はどうやってとるの?

運動習慣を身に付ける

運動習慣がある人は睡眠習慣が身に着いています。

反対に、運動瞬間が少ない人は体を動かし始めると睡眠のメリットを感じやすいといわれます。

あまり眠れない人は、運動を始めてみてはいかがですか?

温度、光で心地よい空間を作る

暑すぎたり寒すぎたりして体温調節がうまくいかないときは寝つきが悪くなることが多くあります。

室温や湿度を季節に応じて調整しましょう。

また、部屋の明るさは適度に暗くしましょう。照明の光には、太陽の光と同じくらい影響力があります。

昼夜を問わず、光はいつでも覚醒状態を強めます。

夜に明るい光を浴びるとメラトニンの分泌が抑制され、眠りにつくのがむずかしくなります。

光を受けるのが眠る時間に近いほど、眠れなくなる作用が強くなります。

暖色系の明かりでリラックスして、就寝1〜2時間前はブルーライトなど明るい光を浴びないようにすることが大切です。

こちらのペンダントライトは、スッキリとした爽やかな昼光色と、暖かみのある落ち着いた電球色から選ぶことができます。

11段階調光機能で、光の明るさを細かく調整することができ、朝、昼、晩、その時々で最適の明るさに変更が可能です。

また、11段階調色機能もついており、リラックスしたい時や集中したい時などシーンによって雰囲気を変えることができます。

自分に合った寝具を選ぼう

質の良い睡眠は、寝具も大事な要素の一つなのです。

発汗、温度変化に対応できるような吸湿性・放湿性の良いものに、体型に合ったものを選ぶのがポイント。

敷布団が柔らかすぎると腰痛の原因になり、硬すぎると骨が当あたって痛く感じたり、

血流が悪くなって寝つきが悪くなったりする原因にもなります。

なので、寝具も質の良い睡眠を取るためには寝具選びも重要なのです。

オススメするベッドは、こちらのすのこベッド。

心安らぐ松の香りと、天然木の優しい風合いがまるで大自然の中で深呼吸をした時にように穏やかな気持ちに。

天然のパイン材が、森林浴のような深く安らかな睡眠へと誘います。

365日、快適で清潔の通気性抜群のすのこは、睡眠中に発散される水分を逃して蒸れを防ぎ、通気性を一定に保ちます。

マットレスや布団に爽やかな風を通すことで、いつでも快適で清潔な睡眠環境を実現します。

睡眠は、私たちには欠かすことのできない大切な時間。

質の良い睡眠を取理、質の良い生活を送りましょう!

ライタープロフィール

唯香
唯香
18歳。大阪の専門学校に通ってます。
この度、ひとり暮らし始めました。
食べることが大好きです。でも最近、控えてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。