0

もう、誰とも被りたくない。個性派インテリアで目立っちゃおう♪

いきなりですが皆さん、お部屋のコーディネートにはこだわっていますか? 自分の部屋だからこそ、こだわりを持って理想の部屋を作るのはやっぱり憧れちゃいますよね。 でも部屋の大きさとの兼ね合いや色合い、インテリアなど統一感を出 …

いきなりですが皆さん、お部屋のコーディネートにはこだわっていますか?

自分の部屋だからこそ、こだわりを持って理想の部屋を作るのはやっぱり憧れちゃいますよね。

でも部屋の大きさとの兼ね合いや色合い、インテリアなど統一感を出そうと思うと案外難しく結局無難な部屋に落ち着いてしまうということも。

シンプルが好きならいいのですが、個性的にもっとインテリアで遊んでみたい!という方には少し物足りないですよね。

そこで今回は個性派なあなたも満足する、絶対に誰とも被らないおしゃれでオリジナリティのあるインテリアをご紹介!

コーディネートは少し難しいかもしれませんが、そこを乗り越えてこそ個性というものが光るのです!

インテリアにも個性を

個性的なインテリアを自分のセンスで使いこなしている人ってとてもカッコいいですよね♪

でも初めから個性派インテリアを部屋に馴染ませるの初心者さんにとっては難しくも感じます。

お部屋コーディネートが初めての方なら、まずは部屋に“一つだけ”主役となるインテリアを置くことを意識してみてください。

複数置いてしまうと個性派なインテリアなだけに少々うるさい印象になってしまうんです。

まずはソファ・ベッドなどなど中心的なものから見ていきましょう!

めちゃかわ!カラフルソファ

こちらはラグジュアリーで個性派なものを多く取り揃えているインテリアブランド『アルモニア』のソファ。

カラフルな色味がパッと目を引く大胆な配色は誰とも被らないこと間違いなし!

背や腕置きがアシンメトリーになっているユニークなデザインがとってもキュートですよね。

レッド系統の色合いは少し派手すぎるという方も大丈夫。

落ち着きのあるベージュ系なら大人の余裕を演出できちゃうんです。

それでも個性的な雰囲気は損なわず、より一層持ち主さんのセンスを感じられそう♪

そしてこのソファ、モダンな雰囲気でありながらも少しだけ近未来な世界観を感じませんか?

超個性的でありながらもコーディネートの幅を広げてくれる、そんな一台になりそうです。

フォルムがすごい!曲線美ベッド

このフォルム、めちゃくちゃ美しくないですか・・?

まさに個性派インテリアの代表!という感じでなかなか個人宅では見かけないデザインですよね。

このベッドがあればまるで毎日がホテル暮らしのような気分を味わえそうです。

白もとっても美しいですよね〜。

形デザインはとってもユニークなのですが、色は一色のみで大きさも十分なのでクッションや毛布などで差し色を入れてみてもオシャレになりそう。

商品としてはあくまでベッドなのですが、ソファように気軽にくつろげる感じは外国風の文化を感じます。

日本的な部屋のコーディネートにはもう飽き飽き!いつでも新し風を求めるあなたにオススメの個性派ベッドです。

格子の木目が美しい、ガラステーブル

みんなが集まるテーブルは、落ち着きがありながらも確かな個性を感じさせる一台を。

幾何学的なデザインは計算され尽くした美しさを表現しています。

黒塗装部分はとってもクールで木目格子と対になるような漆黒です。

色はシンプルな2色使いなので、画像のように周辺にカラフルなものを置いても空間が映えますね。

窓から差し込む光があればより一層美しさを引き立ててくれそう。

個性というのはただ派手というだけじゃない、そのもの自体に存在感があるということが大切なんです。

風合いが優しい、天然ウールラグ

天然ウールの組み合わせがとってもオシャレなラグ。

床面をさりげなく彩ってくれる個性派アイテムですね。

ざっくりと大きめの編み目で編み込まれたウールラグくつろぎたい時に安心感を与えてくれます。

この色合い、なんともオシャレですよね〜。

もとからセンスがある人みたいに、こなれ感や余裕を演出できちゃいそう。

カラーバリエーションはマルチカラーだけでなく単色もあるので好きなイメージえおチョイスしてくださいね。

やっぱり私は個性派でいたい

シンプルにまとめられたお部屋もいいけど、やっぱり個性を大切にする自分に素直でいたい。

誰とも被らない、存在感のある部屋にするためにはまずインテリアのチョイスから。

まずは主役となるインテリアを決めて少しずつやっていきましょ。

お部屋をコーディネートするのはちょっぴり難しそうだけど、センスを磨いて自分だけの部屋を作ってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。