0

インスタ映えはどう撮る?自宅で簡単におしゃれ写真を撮る5つのコツ

「インスタ映え」という言葉がすっかり定着してきた今日この頃。そこかしこでインスタ映えする写真を撮っている光景を目にしますよね。 だけど、どうやって撮ったらインスタ映えするのか分からないまま写真を撮っていたりしませんか?も …

「インスタ映え」という言葉がすっかり定着してきた今日この頃。そこかしこでインスタ映えする写真を撮っている光景を目にしますよね。

だけど、どうやって撮ったらインスタ映えするのか分からないまま写真を撮っていたりしませんか?もしくはそんな写真を諦めて、インスタは見るだけ…となってしまっていたり。

そこで今回は、インスタ映えする写真の撮り方や背景の作り方を説明します。あわせて、インスタ映えにぴったりなアイテムもご紹介しますね。

インスタ映え写真を撮るコツとは?

ベリーの乗ってるパンケーキ

インスタ映えとは、インスタグラムに投稿したときに映える(良く見える、目立つ)という意味で使われている言葉です。つまりインスタ映えする写真を撮るためには、インスタグラム特有の世界観や雰囲気を掴むことが大切。

そんな「インスタ映え」の撮り方にはコツがあります。どんな場面を切り取ったらいいのか、何に気をつけて撮るのか…といったコツを5つお伝えします。

1.カラフルな色使いで目立つ

たくさんの写真が並ぶインスタグラムで目立つためには、カラフルでビビッドな色使いがおすすめ。たくさんの色が並ぶスポットや、ビビッドな色使いの食べ物・小物などは、ただ撮るだけで目立ちます。

なかなかそんなスポットに行くことがない場合は、背景としてカラフルなランチョンマットやラグマットを使うと手軽に目立つ写真を撮ることができます。

2.オシャレな背景を利用して撮る

海外などでよく見る、スプレーで落書きしたようなグラフィティアートの壁。そんな壁にもたれかかった写るだけで一気にインスタ映えする写真の出来上がりです。

海外に行かなくても、外観の可愛い建物やオシャレな壁紙、たくさんの絵画が掛けられた部屋などがあれば、それを背景として利用しましょう。一緒に写る自分よりも、壁をメインとして撮ると目に入りやすくなりますよ。

3.真上から俯瞰で撮って全体を見せる

食べ物を撮る場合は、真上から撮るのが鉄則。俯瞰(高いところから見下ろすこと)でテーブルに並んだ食事全体が写るように撮ると、それだけでインスタ映えする写真になります。複数人で食事している場合、いくつかのお皿を並べて撮るのもおすすめです。

このとき、まっすぐ真上から撮るのもポイントです。被写体に対してカメラが斜めになっていると、いくら全体が写っていても真上から撮っているような写真にならないので気をつけましょう。

4.小物を使って写真に奥行きを出す

ひとつの被写体だけを写すよりも、小物を入れて一緒に撮ることで写真に奥行き感が出ます。これもインスタ映えするポイント。

テーブルの上に一輪挿しを飾ったり植物を置くだけで、ナチュラルでオシャレな雰囲気になります。布を下に敷いたり、カラトリーもセットで撮るのもオススメです。自分だけの小物を写してオリジナリティを出してみてもいいかもしれません。

5.自然光でナチュラルな質感を見せる

写真を撮る場合、自然光を利用するときれいでナチュラルな写りになります。暗い部屋で撮ると粗い写真になったり、逆に部屋のライトで明るすぎてもNG。

日中に自然光が入る場所で撮影すると、柔らかくて味のある写真になります。また、被写体の自然な色合いや質感が写りますので、撮りたいものがよりリアルに見えるという効果もあるんです。

インスタ映えにぴったりなラグマット3選

ラグマットと靴

インスタ映えする写真にはオシャレな背景が欠かせない、ということがおわかりいただけたかと思います。どんなにオシャレなものを撮ろうと思っても、背景が雑になると写真全体も雑に見えてしまうんですよね。

そこで、自宅でも簡単にオシャレな写真を撮るととができるオススメのラグマットをお伝えします。

緑を差し色にしてナチュラル志向な写真に

緑のラグを敷いてる部屋

インスタグラムに載せたいアイテムを真上から俯瞰で撮るなら、シンプルな緑色のラグマットを背景がオススメ。植物で差し色しなくても、背景だけでナチュラル感が出せます。

このラグマットは全9色あるので、ベージュやブラウンといった落ち着いた色を選んでも良さそう。ふわふわのマイクロファイバー素材がとっても気持ちよくて、四角い形も使い勝手抜群。

洗濯機で丸洗いできちゃうのも嬉しいですね。いつでも清潔なマットでインスタ映えを狙いましょう。

 

凹凸あるキルティングラグで一気にオシャレ

キルティングラグ

ひとつ上のオシャレを目指すなら、キルティングラグの凹凸模様を背景に使ってみましょう。シンプルに何かひとつだけを撮影したいときには、こういった模様が入った背景が使えます。ポンと本を一冊置くだけでも絵になるんですよね。

よく見ると細かいヘリンボーン柄になっているんですが、同色系でまとめてあるのでごちゃごちゃせずシンプルに使えます。インテリアとしてもオシャレですよね。

キルティング素材なので一年中快適に使えるのも高評価ポイントです。

 

カラフルボーダーで明るく目立つ写真に

カラフルボーダーラグ

カラフルな写真はインスタ映えの定番。だけど、いろんな色をたくさん揃えるのはなかなか大変ですよね。

そんな時に使えるのが、このカラフルなボーダーのラグマット。この上にシンプルな色のものを置いてもよし、他の色を重ねて置いていってもよし。

シンプルなデザインですが、ひとつ置いておくと部屋に明るさを添えてくれます。太めと細めのボーダー2種類があるので、好みのデザインを選んでみてください。

 

こだわりのラグマットで手軽にインスタ映えを

ラグと一眼レフ

インスタ映えする写真を撮るのってなかなか大変だったりします。小道具を揃えたり、場所を選んだり…。特に写真の色合いは重要です。

その点、今回紹介したようなオシャレなラグマットがひとつあるだけで、手軽にインスタ映えする写真が撮れるのはありがたいですよね。

ラグマットを新調するなら、ぜひ今回オススメしたものから選んでみてください。きっとインスタグラムに写真を載せるのが楽しくなると思いますよ!

ライタープロフィール

ユキガオ
ユキガオ
京都在住の陶芸作家/ライター/ブロガー。
オーダーメイドの陶器を作っています。
オシャレなものやナチュラルなものが好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。