0

1人合宿の魅力!なかなか時間をとれないあなたへおすすめ

『1人合宿』という言葉を聞いたことはありますか? 幅広い業種の人がハマる『1人合宿』について調査してみました! 【目次】 1.『1人合宿』ってナニ? 2.なぜ流行るのか? 3.みんな実践中 4.おわりに 『1人合宿』って …

『1人合宿』という言葉を聞いたことはありますか?

幅広い業種の人がハマる『1人合宿』について調査してみました!

【目次】
1.『1人合宿』ってナニ?
2.なぜ流行るのか?
3.みんな実践中
4.おわりに

『1人合宿』ってナニ?

勉強する人

 

 

実は言葉そのままの意味で、『1人』でする『合宿』です。

実は最近ブームになっている1人合宿は、

『普段はなかなかまとまって時間をとることができない。』

そんなあなたにおすすめです。

目的は様々ですが、

・個人の振り返りや目標設定のため
・会社の事業計画を練るため
・普段手を付けられない仕事をまとめて終わらせたい

などなど、経営者を含める社会人が実践中。

方法は?『1人』でホテルや旅館に、今やりたいコトとともに泊まり込むだけ。

なぜ一人合宿が流行るのか?

ひなたごっこする少年

なぜわざわざ一人で合宿するのか?

理由は様々ですが

『自宅じゃ集中できないから』

分かります。

実家暮らし、家族のいる方のみならず一人暮らしでも自分の部屋っていろんなものがある分集中するのが難しかったりしますよね。

ほこりが気になって掃除を始めてしまったり、目についた本を読み始めてしまったり、ついついテレビをつけてしまったり、あ!このDVD面白いんだよなー・・・って、気づけばもう夕方!なんてことも日常茶飯事ですよね。

『いつも何かに邪魔されてしまうから』

家族や恋人が近くにいたり、友人や同僚から連絡が入って・・・なんてこともよくあるのではないでしょうか。

まずは時間をまとめて確保するために、集中できる必要最低限のものがある環境に自分を置いてみるのが一つの方法ですよね。

それが『1人合宿』です。

みんな実践中!一人合宿

『普段はなかなかまとまって時間をとることができない。』にオススメ!イマ話題の『1人合宿』とは?

具体的にはどうするの?

実際にしている方のスケジュールを見てみましょう。

フリーランスのAさんの場合(一泊二日 平日編)

いつもカフェやクライアントのオフィスで仕事をするAさん。

一方でまとまった時間が取れず、常に併行して走っている仕事をバタバタこなす状態。

まとまった時間で終わらせたい!そんなときに一泊二日の1人合宿を決行するそう。

―スケジュール―
<1日目>
9:00  起床
普段の荷物と洋服のみ準備(ホテルにそろっているものは不要)
11:00 お客さんとランチミーティング
14:00 ホテルにチェックイン
早速仕事開始!
18:00 UbreEatsで夕食を注文(気になっていたサラダを注文)
19:00 サクッと30分で夕食、そして再開
24:00 就寝
<2日目>
7:00 起床
朝食付きなのでコーヒーとともにモーニング
8:00 作業再開
11:00 チェックアウト
もうひと頑張りしたいのでラウンジでコーヒーとともにラストスパート!
13:00 ようやく完了!どこにランチに行こうかなあ。

作業時間 一日目9時間半、二日目5時間 合計14時間半

スタートアップ社長Bさんの場合(一泊二日 土日編)

普段は会社に缶詰めで常に忙殺されているBさん。

事業計画の見直しや自分自身の目標の見直しにまとめて時間をとることが目的で1人合宿を年に数回決行しているそう。

今回はお気に入りのホテルでちょっとリッチに1人合宿。

―スケジュール―
<1日目>
8:00  起床
ジムに行って汗を流す
10:00 モーニング
事務と自宅の間のカフェでモーニング(優雅な朝は久しぶり♪)
12:00 ホテルに到着、チェックイン(アーリーチェックインができると便利)
まずは事業計画の見直しから
19:00 キリがいいのでホテル近くのカフェで夕食(今日だけはちょっとアルコールも)
21:00 ワインとともに次は自分自身の目標見直し
23:00 今日は終わり!就寝
<2日目>
6:00 起床
ホテルのジムでワークアウト、プール付きで最高!
9:00 再開
昨日終わらせた資料の見直し
10:30 完了したので早めにチェックアウト
12:00 久しぶりの友人とランチ、そのあとは公園でリラックス

作業時間 一日目8時間半、二日目1時間半 合計10時間

エンジニアのCさんは休暇に絡めて二泊三日で取るそう。

いつも多忙な方がこんなにまとめて時間をとれるのはうれしいですよね?

最近のホテルにはwi-fiもあり、そのほかアメニティも豊富。便利な立地のビジネスホテルも多くあります。

必要なものはすべてそろっている一方で普段困らされている余計な誘惑はナシ。

費用も1泊1万円前後からとたまにはいいですよね。

おわりに

温泉

いかがでしたか?

忙しい方はホテルでサクッと一泊二日。

少しまとめて時間が取れる方は一人でご褒美として温泉旅行も兼ねて旅館で実践してみるのも楽しそう。

あなたはどんな合宿をしますか?考えるだけでワクワクしますよね。

なかなか時間が取れないというあなたはお気に入りの場所を見つけて、是非トライしてみてはいかがでしょうか?

ライタープロフィール

santamonica
santamonica
小学生の時から英語教育を受け、高校・大学とオーストラリア、アメリカへ留学。海外文化の感度が良い。その後楽天でインターネットショッピングを学ぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。