1

電気代が月12,000円も浮いた!?驚異のスマ電!実体験レポート!

こんにちわ!インテリアコーディネーター兼デザイナー、そして二児の母のOKUMARIです。 電力自由化が2016年4月1日に開始されてから、これまでの東京電力や関西電力などといった地域の決まった電力会社だけではなく、電力の …

こんにちわ!インテリアコーディネーター兼デザイナー、そして二児の母のOKUMARIです。

電力自由化が2016年4月1日に開始されてから、これまでの東京電力や関西電力などといった地域の決まった電力会社だけではなく、電力の小売自由化が始まった事で、様々な会社が電力会社として、電力の供給をすることができるようになりました。

私も、チャレンジ精神と、お試し感覚で、「スマ電」(http://smaden.com/)という電力ブランドさんに申し込んでみましたので、その実体験レポートを書いてみようと思いました。

結論から言うと、スマ電すごい!ものすごく電気代浮く!その一言です!

大満足なので、少しでも参考になれば幸いです!

(2017年4月にスマ電に申し込んだので、2017年5月〜8月の統計データです。)
※記事を書いている本日は2017年9月24日です。

わかりやすく、先に、毎月かかった電気代を提示したいと思います。
その前に、家族世帯構成や在宅時間などによっても大きく電気代が変わってくると思いますので、簡単にうちの家族世帯構成の紹介です。

・3人世帯(うち小学生2人。私は会社勤務)
3人世帯で、私は平日会社勤務、子供達は当然平日昼間は学校に通っていますので平日昼間はあまり電気を使っておりませんが、それでも8月はさすがに大阪は暑いですから、夜〜朝はエアコン1〜2台つけっぱなしにしていました。

それでも!!8月の電気代がMAXこれだけ!です。
驚異のスマ電!実体験レポート
驚異のスマ電!実体験レポート
スマ電に加入する前は、関西電力で、昨年8月の電気代が15,000円を超えていたと思いますので、実質約12,000円の激減!!ですね!

(昨年の領収書は捨ててしまったみたいで、すぐにお見せできないのが残念なのですが・・・。)

(実は、昨年末に自宅を引越ししておりまして、機密性の高い住宅に移った為、エアコンの効く効率も良くなったみたいなんですが、それでも、住宅の床面積平米数は増えておりますので、特に大きな利用状況の変化はない中で、電力会社を変えただけでこんなに減ったのです!)

スマ電を4ヶ月利用してみた実際の電気代は!?

さて、真夏の8月でこれだけ安いのでびっくりされた方も多いと思いますが、他の月はどうだったでしょうか。
驚異のスマ電!実体験レポート
驚異のスマ電!実体験レポート
なんと!6月は1,763円ですよ!
正直、私の家は水道代が毎月3,000円弱なので、公営の水道代よりも安いです!

民営化、競争力強化、自由化ってすごく良い事なのですね!
ひとまずこの、スマ電の良さをお知らせしたくて、取り急ぎ記事を書いたので、まだ実体験としては冬の暖房代・エアコン代の経験をしておりませんが、また冬を越して電気代がわかり次第、追加記事を書いてみなさんにスマ電の事実をお伝えしたいと思っております!

ちなみに、現在9月は本日24日時点で2,500円もいっていないので、月末まで目一杯使っても電気代3,000円を超えることはなさそうです。
8月は我慢せずにエアコンを在宅時はつけっぱなしにしていたのに電気代3,790円ですから。

申し込みをしたきっかけ
なぜ、私がスマ電に申し込んでみようと思ったか?ですが、もともと、電力自由化に興味があって関西電力はちょっと高いなと感じていたもので、ダメ元でお試しでも他の電力会社に切り替えてみようかと考えたものですから(良ければラッキー、電気代が下がらなかったらわかっただけ良いと思って)、色々とサイトをネットサーフィンして調べていたら、価格.com(http://kakaku.com/)のサイトで電気代比較シミュレーションがやっていたものですから、(http://kakaku.com/energy/)ここで簡単に条件を入力してプラン比較してみたら、私の場合、スマ電に申し込むとかなり安くなるという電力会社のランキング結果が出たので、少しスマ電をみてみたらスマ電の「がっちり!夜得ホームプラン」に申し込むとかなり電気代が安くなるというシミュレーション結果でしたので、ちょうど価格.comから申し込むと1,500円のキャッシュバックキャンペーン(申込み特典)もやっているということもあり、興味本位と期待をして申し込んでみたのです。
(実際、数ヶ月後にキャッシュバックの1,500円が銀行に振り込まれていました。)

どのサイトで電気代シミュレーションをすると良いか!?
ポイントがあります。
今は、いろいろな会社が電気代を安くするためのシミュレーションシステムをネット上で提供してらっしゃいますが、消費者の立場でももちろん、公平・公正じゃないといけません。
電力を提供している会社が、自社で発表しているシミュレーションシステムは、もしかしてですが、自社に申し込んで欲しいがためにその会社が有利になるようにシミュレーション結果を出している可能性もゼロではないかもしれませんし、そう考えると、価格.com(http://kakaku.com/energy/)のような上場企業で、投資家たちの目が光っており、信頼性の置ける企業で、実際の電力供給会社ではない第三者的立場の企業が提供しているシミュレーションシステムがベストなのです。

そう考えると、私の中では、これほど大きくて全ての(?)電力会社をまとめている電気代シミュレーションサイトは価格.com(http://kakaku.com/energy/)以外にないと考えます。

なぜなら、価格.comは「買ってよかったをすべての人に。」をキャッチコピーにしている通り、多くの分野の製品・サービスについて、いろいろな面においてまとめ情報を提供しているからです。

個人様の口コミなども掲載されておりますので、参考にご覧になってみてくださいね!

スマ電を提供している会社についてちょっと調べてみた。

電力ブランド「スマ電」を提供している会社は「株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ」らしく、ホームページはこちら「http://www.igrid.co.jp/」です。

経済産業省 小売電気事業者 登録番号A0060 を当然のことながら取得しているようです。
http://smaden.com/company/index.html

上記のページによると、2016年6月期末で資本金は2億4500万円。
多くの株主や主要銀行と取引があり、信用できそうな感じの会社さんですね。

スマ電は「スーパーマーケットが提供する電気」が名称由来(?)らしいですが、スマートな電気です!!

スマ電に申し込むと、マイページをWEB上で見ることができて、毎月の電気使用量と電気代などをグラフ・表にても確認することができます。

時間帯別にも電気代をグラフで確認チェックできるのは嬉しいですね!
驚異のスマ電!実体験レポート
特に、利用明細などは郵便で送られてきたりしませんが、ネット上で確認・請求書等印刷もできるので無駄なコストをかけていない感じが非常にスマートでかっこいいですね!

ライタープロフィール

MARIKO OKUMURA
MARIKO OKUMURA
グロースハックデザイナーチームINSPI代表—MARIKO OKUMURA(奥村真理子)ー
https://www.inspi.design/
グロースハッカー(企業成長請負人) 、デザイナー、経営コンサルタント等として、マーケティング、ブランディング、デザイン、SEO対策などに強い会社の代表を務めている。詳細は、上記URLを参照いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。