0

もともとは権威の象徴!過去から現代へ【イス】の歴史を紐解く

こんにちは。ふぁにー編集長です。 今日は「イス」の歴史について触れてみたいと思います。 日本では従来イスの文化はほとんどありませんでした。 しかし、洋室の部屋がマジョリティを占める中でイスは生活をする上でなくてはならない …

こんにちは。ふぁにー編集長です。

今日は「イス」の歴史について触れてみたいと思います。

日本では従来イスの文化はほとんどありませんでした。

しかし、洋室の部屋がマジョリティを占める中でイスは生活をする上でなくてはならない家具。

人間はいつ、またなぜイスというものを作りはじめたのでしょうか。

そこを探っていきたいと思います。

西洋の「イス」の歴史は紀元前?古代エジプトに始まる

西洋において最古のイスは権威の象徴として王様が使っていたと言われてます。

イスの彫刻、装飾の豪華さがそれを物語っています。

さらに、紀元前6世紀、ギリシャローマの時代に入ると「木」のイスだけではなくて「大理石」や「青銅」のイスが作られるようになりました。

エジプトで出土した最古のイス

そこから少し飛びますが、次の家具全般の大きな流れとしては歴史の教科書でも建築美として語られるゴシック様式です。

12世紀のフランスで始まったゴシック様式はそれまでシンプルだった家具に豪華かつ繊細な彫刻を施していきます。

さらにルネッサンスに入り技術はさらに進歩します。

曲線技術の発展です。

角ばって座り辛かったイスに現代の丸みを帯びた背もたれが追加されます。

しかしながらここでのイスも庶民にはまだまだ浸透せず王族中心の技術発展だったと推察されます。

ゴシック建築の建造物:ノートルダム大聖堂@フランス
ゴシック建築の建造物:ノートルダム大聖堂@フランス

18世紀にはロココ調家具が姿を現し、優雅な曲線と豪華な宝飾に満ちたイスが姿を現します。

そして、ル・コルビジェに代表されるような近代建築へ時代は流れていくのです。

ロココ建築の建造物:ヴェルサイユ宮殿@フランス
ロココ建築の建造物:ヴェルサイユ宮殿@フランス

中国のイスも権威の象徴だった。

紀元前140年の春秋戦国時代から後漢にかけて座具が出現したという文献が残ってます。

イスというよりは、座具で、地べたに座らず脚付きの台の上に座るイメージの座具ですね。

イスに関しては6世紀から文献としては残っていますが、シルクロード文化が紀元前より発展していることもあり、西洋のイスの文化がもっとはやくから取り入れられていたものと考えられています。

余談ですが、漫画キングダム(中国の春秋戦国時代を描いた作品)では、後の始皇帝、嬴政の王座は豪華なイスとして描かれています。

つまり、ここでもイスに座るということは時の権力の象徴であったと言えるということです。
原泰久:キングダムより政の玉座
原泰久:キングダムより

今も昔もイスはMade in China!?日本のイスの歴史は朝鮮半島から海をわたってきた

座具というくくりでは、弥生時代につくられた埴輪が腰掛に座っているものが発見されています。

ただ、西洋でのイスとはにつかず、本当に木でできた腰掛という表現が正しい見た目をしています。

そもそもの日本文化は「正座」「あぐら」など床にじかに座るスタイルだったこともあり、椅子の発展にはなかなかつながらなかった。

歴史の教科書にでてくる日本画や、源氏物語絵巻、またまた百人一首の絵柄などイスに該当するものはほとんど出てこず、座椅子や台(百人一首の坊主めくりでは台付きはポイントが高かったと思うが)に腰かけている様子が描かれています。

源氏物語絵巻

百人一首の読み手はイスに座る?

では、椅子の歴史は?ということだが、日本最古のイスは5世紀、中国から入ってきたものが発見されており、そして日本でもイスは「権威・権力の象徴」として使われていた文化を継承していたといわれています。

戦国時代を描いたドラマや映画でも、戦場で大将クラスの武将はイスに座っている表現がされていますが、そのケースでも屋内ではイスではなく台にあぐらで座しているのがほとんどですね。

この畳と座の文化は江戸時代まで続きます。

歴代将軍の肖像画や、暴れん坊将軍、遠山の金さんに代表される時代劇でもイスはほとんど登場しません。
徳川吉宗が座す

イスが大々的になるのは明治の文化維新によって西洋文化が入ってき「畳」から「フローリング」へ、家づくりが変わっていきました。

その家づくりの流れが現代にも続いていると言えます。

日本人に合わせた新ダイニングチェア AICA

Armoniaの家具はそんな洋家具文化の中でも、「日本人が使いやすい家具」を目指して作られています。

例えばソファの高さなど日本人の身長に合わせて作ることで、座り心地はもちろんのこと、日々の仕事の疲れを最大に癒す効果も追及して作られているので日本人に適した家具であると言えます。

Armonia 日本人に合わせた新ダイニングチェア AICA
URL https://www.armonia.jp/shop/products/detail.php?product_id=80

楽天サイトはこちら:Armonia ダイニングセット AICA

では、未来のイスは?

マイノリティリポートのようなSF映画や、ドラえもんで描かれているような宙に浮いたイスや座具が登場するのも近い将来ありうるのでしょうか。

シンギュラリティが起こると言われている現代で、家具も進化もめまぐるしく起こっていくと考えています。

参考:室内と家具の歴史 小泉和子著

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

室内と家具の歴史 (中公文庫) [ 小泉和子 ]
価格:1234円(税込、送料無料) (2017/9/12時点)

 

※画像出典 photo AC

ライタープロフィール

ふぁにー 編集長
ふぁにー 編集長
京都大学医学研究科卒業後、ECモールのプラットフォーマーとして、主にサイト内のインテリア・家具、キッチン日用品雑貨の販売促進、出店社の売上コンサルティングを7年。その後編集長としてfurny立上を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。