1

モテ女子になるためのインテリアコーディネートとは!?〜家具選びのポイントから、配置、レイアウトまで〜

日々、モテ女子になることを意識していなくても、好感の持てるインテリアは結果としてモテ女子になるものです。 この記事では、非モテ、モテない女子にならないためのNGポイントと、うっかりやりがちだけど実はモテないインテリアにな …

日々、モテ女子になることを意識していなくても、好感の持てるインテリアは結果としてモテ女子になるものです。

この記事では、非モテ、モテない女子にならないためのNGポイントと、うっかりやりがちだけど実はモテないインテリアになるポイントを把握して、モテインテリアを作る方法を、インテリアコーディネーターの立場でご紹介しましょう。

また、これからオススメするインテリアは、何をとっても自分が過ごしやすい気持ちの良いインテリアになりますので、モテたいと思っていない方にもオススメです!

ピンク統一はNG!?「非」モテの家具選びとコーディネート

【NGその1】インテリアをピンクだけで統一する。
LOVE

この、よく女子がやってしまいがちな、インテリアをピンクで統一する方法ですが、これは、実は男性から見ると「女性らしい」というイメージはあるものの、男性は過ごしにくい部屋のため、男性から見ると心地よいインテリアではなくなってしまいます。

女性らしさをアピールするばかり、ピンク系で統一してしまいがちですが、実はこれは逆効果!

ピンクはホワイトに比べて純白度が低いため、清潔感がある部屋とはほど遠くなります。

また、男性はピンクは嫌いではないものの、女性には清潔感のある部屋にいてほしいという気持ちがあるのが一般的なため、ピンクで統一するよりは、ホワイト系で統一するのがおすすめです。

【NGその2】ふりふりレース感でいっぱいにする、ぬいぐるみをたくさん置く。
ぬいぐるみ

女子がやってしまいがちな非モテインテリアその2は、女性らしさをアピールするばかり、ふりふりのレースなどやぬいぐるみなどで部屋をいっぱいにすることです。

レースやぬいぐるみなどは、確かに男性は女性らしいという印象を受ける部分はあるものの、先ほど前述したように、ぬいぐるみやふりふりレースなどの非効率的なエレメント、生産性が低く、機能性が低いエレメントは男性は嫌いであることが多く、「めんどくさい」というイメージや「頭が悪い」などのイメージを植え付けてしまいがちです。

【NGその3】ナチュラル・素朴のみを追求する。
木十字架

意外に女性がやってしまいがちで、年配の女性にも人気なナチュラルで素朴なインテリアですが、男性は、これも度がすぎると、汚いイメージ、あるいは、色気がない、面白みがないインテリアと捉えられがちです。

なぜかというと、ちょっと擦れた感のある土の入った植木鉢や擦れたレンガ風の壁紙、ちょっと黄ばんだ感のあるオフホワイトの壁紙は、ナチュラルを飛び越えて、清潔感のないインテリアと捉えられがちです。

こういった女性が目指しているのは、実はナチュラル感、自然体な女性なのですが、勘違いしてはいけないのは、自然体と清潔感のないインテリアをごっちゃにして、ナチュラルを追求した結果、清潔感のないインテリアになってしまっては、女性が本来持っている色気も消えてしまいますし、ナチュラルを追求する場合は、清潔感を保ったまま自然体を追求するのが正解で、あまり清潔感のないインテリアにならない方が良いです。

【NGその4】DIYをしまくる。
流行りのDIYですが、なんでも素人感のある家具は清潔感やスマート性に欠けるので、本当に美しいくらいのものなら問題ないのですが、手作り感満載のものは、お金のなさや生活感が出てしまい、お勧めできません。

ソファもベッドもラグもこれでばっちり!?モテ女子になるための今流行りのインテリアコーディネート術

インテリアにも、流行や「新鮮さ」があって、いつの時代もこのインテリア手法が役立つとは限らないのですが、一級建築士事務所にて建築の意匠設計にも関わっている立場から見ても、日々取り入れる建築・インテリアの情報で、オススメのモテ女子インテリアがありますので、それらをご紹介いたします。

【モテ女子インテリアその1】第一に何を取っても清潔感。
白い部屋

どんな男性も、汚い部屋の方が好きな人はほとんどいないと思います。

結果、散らかることはあったとしても、古い家・マンションだとしても、綺麗に磨かれているか、当たり前なんですが、カビが生えていないか、埃がないか、ゴミは落ちていないか、それが第一のチェックポイントです。

これは、当たり前なので、言うまでもないことではあるのですが、その次に、ピンクなどの純白度のないカラーで統一するよりは、どちらかというとホワイトで統一した方が男性からの印象も、同性からの印象も、年配・後輩からの印象も、良いもので、好感が持てます。

 

【モテ女子インテリアその2】シンプル、機能性、効率性、生産性を意識した合理的インテリアが最強のモテ女子インテリア!
シンプルな部屋

女性らしさをアピールするあまり、ぬいぐるみをたくさん置きたくなる気持ちはわかるのですが、男性は「めんどくさい」ことが嫌いな人が多いです。

ぬいぐるみなどのファブリック系製品は、毎回洗わないと非衛生的ですし、男性の立場や年配の方の立場から見た場合、「子供っぽい」と思われることも少なくありません。ぬいぐるみは卒業して、大人な女性を目指しましょう!

ちなみに、男性は、シンプルで合理的、スマートで効率的・生産的なものが大好きです。

ラグなどのファブリック系を一部にするのは良いのですが、絨毯など、全体に敷き詰めるのは、ダニが繁殖しやすくなるだけではなく、掃除が面倒で時間がかかり、男性も合理的な女性も敬遠するものとなります。

冬はコタツをあえて置かないなども、シンプルで良いでしょう。

常にシンプルで掃除・メンテナンスをしやすいを意識したインテリアがオススメです。

例えば、床であれば畳や絨毯よりフローリング、あるいはフロアタイル、テーブルは木ももちろん可能ですが、最近メンテナンスしやすくてオススメなのは、ガラステーブルです。

特にブラックガラステーブルは、高級感もあって、光沢もあり、鏡面加工のため、汚れも付着しにくく、掃除が容易です。

レイアウトの動線もしっかりと確保し、動きづらい場所がないようにしましょう。

「何かをどけないと扉が開かない」などは問題外です。スマート女子なら、しっかり、細かいところまで考えたインテリアプランをしましょう。

【モテ女子インテリアその3】極めつけは「ファッション」を意識したインテリア!!
カラフル絨毯

さて、清潔感とシンプル性、機能性、効率性、合理性、生産性でデキるスマート女子をアピールしたなら、プラスアルファでここが女子の魅せどころです!!

具体的には、今流行りのファッションアイテムで部屋を飾ることです。

最近流行りで今年(2017年)おすすめなのは、世界で一番売れていると言われるファッションブランドZARAやH&Mのファッションアイテムを飾るだけで良いです。

ZARAやH&Mの商品はキッズものから年配の方のものまで網羅していますので、ほとんどの年齢の方のインテリアに対応できるでしょう。

今年流行りの柄やカラーを取り入れて、そのファッションアイテムを置く、飾るだけで、シンプルで無機質な空間に息吹が吹き込まれます。

インテリアの基礎を抑えただけでは、どちらかというと男性的でそっけない空間も、女性らしいファッションアイテムを取り入れただけで美しく、輝き始めます。

こういった点をアピールできれば、男性だけでなく、子供からご年配の方、同性まで、支持を受けること間違い無いでしょう。

【モテ女子インテリアその4】可能な限りハイテクインテリアで頭の良さをアピール!
iPadと珈琲

男性は、頭の良い女性が好きです。

ハイテク製品といっても、男性っぽいメカニックなものではなく、普通の炊飯器にしても、シンプルで機能的、ブラック系統でももちろん良いのですが、女性らしく美しいデザインのものを選んだり、PCやスマホでいうと、デザイン性の高いApple社のMacやiphoneを選んだり、iPadを置いたり、ちょっと女性らしいものやユニセックス(男女兼用)なデザインのものを選ぶようにしましょう。

スマートで過ごしやすいインテリアは、男性からも好感がもてます。

TVの電源や照明を1つ付けるにしても、リモコンをいちいち探すのではなく、定位置の決まったリモコンやスマホの「ホーム」アプリなどで、さらっとスマートに付けることができれば、モテ女子に格上げです!

お金に余裕のある人や音楽に興味のある人は、電子ピアノを置いてみたり、映画に興味のある人は映画用のプロジェクターなんかを置いてもかっこいいですね!かっこいい女子は同性から見ても好感がもてます。

まだまだあるモテ女子になるためのインテリア

続きは、また別の記事で紹介させていただくことにして、今回の記事は長文になりますのでここまで!

また次の記事を楽しみにしていて下さい!

ライタープロフィール

MARIKO OKUMURA
MARIKO OKUMURA
グロースハックデザイナーチームINSPI代表—MARIKO OKUMURA(奥村真理子)ー
https://www.inspi.design/
グロースハッカー(企業成長請負人) 、デザイナー、経営コンサルタント等として、マーケティング、ブランディング、デザイン、SEO対策などに強い会社の代表を務めている。詳細は、上記URLを参照いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。