1

間接照明で幸せホルモンが出るって本当!? 基礎から学ぶ照明選びのコーディネート術

インテリアを決めていく中で、照明選びは結構色々と悩む要素が多いと思います。 女性は結構機械的なものに弱いので、色々と迷ってしまいますし、照度(明るさ)や口金の大きさ、照明のカラーの問題など、いろいろ迷って決められないこと …

インテリアを決めていく中で、照明選びは結構色々と悩む要素が多いと思います。

女性は結構機械的なものに弱いので、色々と迷ってしまいますし、照度(明るさ)や口金の大きさ、照明のカラーの問題など、いろいろ迷って決められないことが多いと思うので、インテリアコーディネーターの資格を持つ筆者が、照明についての基礎知識をお教えいたしましょう。

さて、間接照明の基本に触れる前に、照明の基本を簡単に抑えて、最低限の知識を習得してコーディネート上手になりましょう!

1.照明器具の種類を知る!間接照明のすゝめ

3種類の照明

照明の種類は色々あるのですが、主にインテリア照明として知っておいたほうが良い照明の種類としては次の様なものがありますが、下記を知識として取り入れておくと、今後、照明に関する基礎知識ができて、選択肢が増えるので、参考にされると良いかと思います。

・シーリングライト(天井に直付けするタイプの照明。室内の中心の天井につけることが多く、室内を広く照らしてくれる。高温度の青白い系統の色温度の照明を用いることが多く、作業や勉強部屋としての利用に向いている。)

・ペンダントライト(天井に埋め込まれた引っ掛けシーリング器具に取り付け、天井から垂らして使うタイプの照明。ダイニングテーブル上に取り付けるなど、高照度を求めない箇所に使うことが多い。)

・フロアライト(足元に置いてコンセントに直接繋いで使うタイプの照明。リビングでの間接照明や寝室での枕元での照明として利用することが多い。)

・スポットライト(天井に埋め込まれいてる引っ掛けシーリングから吊り下げて1個あるいは複数の特定箇所を照らす照明をつけるタイプの照明。スポットライトの特徴は、照らす範囲が狭く、特定箇所を明るく照らすこと。なにもない壁へ向けて照らし、間接照明としても利用することができる。)

・スタンドライト(床や机・テーブルの上に立てて使うタイプの縦に細長いスタンド型照明。)
スタンドライト

・ブラケットライト(壁に直付け型の照明。)

・シャンデリア(天井に埋め込まれている引っ掛けシーリングから垂らして使う形式の豪華な装飾が施された照明。)

他、エクステリアライトやフットライト、建築と一体化した建築化照明などございますが、この記事では簡単に取り付けれる照明器具をご紹介したいと思います。

2.照明の色温度を覚えておくとコーディネート上手!!

照明

照明の色温度はK(ケルビン)という単位で表されます。

色温度は温度が高いほど寒色系の青白い光を発光し、低ければ低いほど暖色系の温かいオレンジや黄色・赤っぽい光を発光します。

下記は、一般に売っている電球の色を表しますので、部屋の照明を暖色系にしたければ低い色温度の電球色や温白色などを選べばいいですし、勉強や作業・仕事などで集中したい部屋、できる限り明るい照度を必要とする部屋には色温度の高い青白い光の照明を用いる様にしましょう。
和照明

【蛍光ランプの光源色(JIS Z9112による)】
・電球色(約2600〜3150K)・・・・暖色系(黄色・オレンジ・赤っぽい)。朝日・夕日・白熱電球・ろうそくなど。
・温白色(約3200〜3700K)・・・・電球色よりは白っぽい。
・白色(約3900〜4500K)・・・・白色。
・昼白色(約4600〜5400K)・・・・青白色。太陽光。
・昼光色(約5700〜7100K)・・・・寒色系(青色)

3.間違えると大変!照明器具の取り付け口を確認しよう。

電球と照明

まず、照明を付けるために、電気に接続する方法は、大きく分けて2種類あります。
1つは、天井にある「ローゼット」とも呼ばれる「引っ掛けシーリング」にシーリングライトやペンダントライトなどの照明器具を差し込むだけです。

引っ掛けシーリングの種類はいくつかあるのですが、いずれも差込口は一緒で、1種類しかないと思います。

これは、規格が決まっているからです。
いずれも、出っ張っている部分を差し込んで回すだけですので、女性でも簡単に取り付けられます。

ただし、天井にあるので、脚立を安定させて使うなどして、気をつけて取り付けましょう。

もう一つは、スタンドライトやフロアライトなどの照明で、通常のコンセントに差し込むだけのものです。これで当然電気がつきます。

あとは、電球の取り付け方ですね!

電球の口金はどれも形状はほぼ一緒なのですが、サイズが5種類ほどあります。
・口金E11
・口金E12
・口金E14
・口金E17
・口金E26

ですが、一般的に一番多いのが、口金E26で、E17もよく使われます。

数字は、直径を表していますので、必ず、照明器具のサイズを見てから家電量販店やネット通販で購入しましょう。

口金サイズの違うものは入れようと思っても入りませんので注意しましょう。

ここまで出来れば、照明器具はほとんどつけられたことになります。

あと、知識としてあったほうがいいのは、白熱電球やLED、ワット数などに関する知識で、他には、出来れば調光可能な照明器具を買ったほうが電気代節約にお得だったり、赤外線センサー式ライトなどは、勝手に人の体温を察知して照明がオン・オフしてくれるので、身体の不自由な方にも優しいので、オススメだったりしますが、下記では、白熱電球や最近流行りのLED照明、ワット数などに関する知識などをお伝え致しましょう。

白熱電球は減少傾向!エコを考えるならやめたほうが無難

電球

社会的にも、時代的にも、白熱電球は今減少傾向で、消費電力が高い割に照明効率が悪く、熱い光ばかりを発光する割にはそれほど明るくなく、電球の中では使用方法を間違えると最も火事になりやすい、危険な照明であることも、理解しておきましょう。

消費電力が高いというのは、電気代が高くなるということです。

これはなぜこのようになるのかというと、白熱電球の発光システムは、蛍光灯やLEDなどとは別で、昔の発光システムのままなので、蛍光灯やLEDが普及する前から使われていたものですが、現代では、新しい照明ではほとんど採用されることはなくなったのです。

また、それだけではなく、白熱電球は、LED電球と比べて、その物理的な発光システムにより、電球寿命も短いのです。

白熱電球は、白熱灯とも言いますが、ほとんど電気店でも見かけなくなりましたが、LEDなどに変えられることをお勧めします。

今はLED電球の時代

電卓と照明

一方で、LED電球は、照明効率の良い電球で、その物理的に特殊な発光システムが照明効率を良くしてくれるので、少ない電力で、より明るい光をもたらしてくれます。

例えば、LED電球を買うとき、パッケージには60W(ワット)とともに消費電力7.8Wと書かれていたりしますが、これは、従来の60Wの明るさを電気代は7.8Wで照らしてくれるというものです。

従来の白熱電球ですと、60Wの光は、60Wの消費電力がかかっていたので、今のLED電球は、このように、昔の60Wの照明効果は、7.8Wで済みますよ、という表示のものになっているのです。

例えばですが、白熱電球の6分の1以下の電気代及び電力で照明が点くようになったんですね!便利な時代です!

また、LEDのメリットはそれだけではなく、演色性(平均演色評価数=Ra)が非常に良いと言われており、演色性とは何かというと、一言で言えば、物が本来もつ色をそのままに美しく表現してくれるということです。

これは、例えばデザイン業の方や印刷会社の印刷物の色を美しく魅せてくれるということであり、料理の場でも、LED電球を使えば、料理を美しく魅せてくれる、写真映えよくしてくれるということです。

SNSなどにプライベートを投稿して写真映えを気にする現代でも、LED電球は活躍しそうですね!

最近は、電球のパッケージにRa=平均演色評価数も書いてあることが多いみたいなので、改めて購入される場合は、参考になさってみてください。

間接照明で幸せホルモン・セロトニンを出しまくろう!!

大人な部屋

インテリアコーディネートの上手な方は、直接照明のみではなく、間接照明も取り入れています。

具体的に間接照明の方法はというと、明確な正解などはなく、過ごしやすい気持ちの良いインテリアを作れればそれで良いのですが、間接照明の基本は、明るすぎる光を避け、静かな光で柔らかな光を楽しむというものです。

これはいくつかメリットがあり、精神的にリラックスできるだけではなく、身体的にも副交感神経が優位になり、普段仕事や勉強で緊張している状態を和らげてくれて、ホルモンの活性化につながったり、脳内でリラックスホルモンである「セロトニン」を分泌してくれて、様々な身体的効果をもたらしてくれます。

例えば、セロトニンが不足するとうつ病や不眠症になりやすいと言われていますが、「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンを間接照明によって増やすことで、その改善・予防効果があります。

普段仕事や勉強で緊張状態も、家では間接照明でリラックス。間接照明は見た目だけではなく、精神・身体にもしっかり作用して、リラックス効果・幸せ効果をもたらしてくれるんですね!!

モダンデコ おしゃれ照明 Lucas
URL https://www.modern-deco.jp/products/detail.php?product_id=157

楽天サイトはこちら:LED間接照明 Lucas

ライタープロフィール

MARIKO OKUMURA
MARIKO OKUMURA
グロースハックデザイナーチームINSPI代表—MARIKO OKUMURA(奥村真理子)ー
https://www.inspi.design/
グロースハッカー(企業成長請負人) 、デザイナー、経営コンサルタント等として、マーケティング、ブランディング、デザイン、SEO対策などに強い会社の代表を務めている。詳細は、上記URLを参照いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。