1

【Armonia】今話題の家具総合商社に企業取材!

インテリアコーディネーターとして大注目している企業があります。 その名もArmonia(あるもにあ)さんです。 これからも大きく成長していきそうなので紹介させていただきます。 Armoniaとは、イタリア語で「調和」を意 …

インテリアコーディネーターとして大注目している企業があります。
その名もArmonia(あるもにあ)さんです。
これからも大きく成長していきそうなので紹介させていただきます。
Armoniaとは、イタリア語で「調和」を意味するそうです。
この混沌とした世の中で、何かまとめてくれそうな、とても素敵なネーミングですね!

Armoniaさんは楽天市場やオウンドメディア(自社サイト)を中心にインターネット及び、リアル店舗(全国7つのショールーム兼ショップ)でイタリアンモダンのインテリア商品をソファを中心に販売しているインテリアブランドです。
今はソファが中心なのですが、将来的には色々と増やされるようです。

なぜArmonia(あるもにあ)さんを注目しているか!?

Armonia LOGO
それは、代表取締役社長様の考えも去ることながら、役員の方々の経営姿勢の素晴らしいことです!
では、具体的にどんな事が素晴らしいのか挙げてみましょう。

1.「お客様の声」を3日に1度吸い上げ、社長が自らチェックし、商品やサービスの改善に活かしている。

どんな些細なことも、商品やサービスの改善のために良いことはコストがかかっても改善に取り組んでいて、 ネット販売やリアル店舗で販売した商品に対するお客様の声を社員が3日に1度社長に提出し、社長自らチェックして改善に活かしているそうです。
そして、これまで、ソファの品質改善などのために、中国に自社工場を建設し、生産から外注することなく、自社で全て責任を持ってやっているという、なんと素晴らしい姿勢でしょう。
具体的にいうと、昔はソファの座面に使われているウレタンフォームは、低密度のもので使用とともに廃れやすいものだったそうですが、お客様の声で改善し、高密度のウレタンフォームに変え、しかも、ウレタンフォームの厚さも厚いものに変えて、より耐久性を伸ばしたそうです。

ソファのある部屋
他にも、お客様により良いものをお届けするために、ソファの耐久性テスト実験を何万回と繰り返しおこなったりしていて、Armonia品質のソファは折り紙付きです。実際に、全てのソファに3年保証をおつけしているそうです。

2.本来なら高いはずの商品を低価格で提供する努力を継続している。

イタリアンモダンの家具は、本来50〜80万円の高価格帯で誰でも手が出せる価格ではなかったものを、Armonia(あるもにあ)は10万円前後の価格で提供する努力を継続しています。「良い家具は高いという常識を覆したい」という社長の思いが現れた商品とサービスとなっています。
Armonia(あるもにあ)の看板商品であるVENTO(ヴェント)は2017年5月現在までに、楽天市場のソファセット部門において395週1位を取得しており、大人が横になって寝れる広さながら99,980円(税込)で買える大人気商品です。

3.安価で良質な家具を提供するために、2010年中国に自社工場を立ち上げる。

自社工場を立ち上げることによって、余計なマージンや手数料を削減し、生産管理と指導には社長自らが当たって品質管理も行なっています。
そうすることで良質で低価格な商品を消費者に提供することが可能になっているのです。

4.イタリアのかっこいいモダンスタイルインテリアを日本に調和させるための工夫。

Armonia(あるもにあ)というネーミングがイタリア語で「調和」を意味するように、このネーミングには社長の思いが込められていて、イタリアのかっこいいモダンインテリアスタイルを日本に調和させるために、グッドデザイン賞等数々のデザイン賞を受賞したデザイナーの門内一生(もんないかずおさん)(株式会社CAPD代表取締役)と共同開発して商品を作り上げていったそうです。
具体的には、イタリアのインテリア空間は日本の狭い住居環境や身体サイズにそのままのスケールではマッチしないため、イタリアンスタイルの家具をリサイズ、リデザインして日本の住環境、身体サイズにマッチするように作り上げたそうです。
ソファとインテリア

5.お客様の満足しない商品・サービスも全てArmonia(あるもにあ)の誠実な対応があったからこそ高評価を獲得できたインターネット販売

Armonia(あるもにあ)の商品は、いずれもお客様の評価が高評価レビューばかりですが、これにもArmonia(あるもにあ)の対応がありました。
インターネット販売では、お客様の生の声がレビューで直に他の消費者に伝わります。低い評価があれば、それは瞬く間に拡散してしまうこともありえます。ですが、Armonia(あるもにあ)はスタッフ総出でお客様対応に当たり、悪い評価も全て改善に活かしていったのです。
お客様からの電話・メールをスタッフが受け取り、3日以内に改善案を社長が吸い上げ、即日工場に改善指示を伝えて商品が改善されていく、そんなArmonia(あるもにあ)スタイルの改善サイクルが定着しているからこそ、まぐれの1位ではなく、395週、楽天市場で1位を取り続ける由縁(ゆえん)なのです。

6.1商品あたり100回にも及ぶ細かな改善

VENTO(ヴェント)という商品に至っては、100回にも及ぶ細かな改善を乗り越えて今のスタイルに至っており、実際に、例えば、昔はVENTO(ヴェント)は麻のような生地を使っていたが、ふんわりとした生地に改善し、座り心地をよくしたり、座り心地も少し硬いというレビューがあったため、少し柔らかくする改善を行ったりしており、社長は「顧客要望を叶えることが次のビジネスへのステップ」だと話していらっしゃいます。

VENTo

Armonia 1番人気ソファ Vento【ベント】
URL https://www.armonia.jp/shop/products/detail.php?product_id=6

楽天サイトはこちら:楽天ランキング1位獲得ソファ VENTO

7.ネットショップでは感じ取れない生地サンプル、ウッドサンプルの無料提供

オンラインストアでは独特の、ソファなどの質感などを感じ取れないという欠点に着目し、ソファ生地のサンプルやウッドサンプルを無料でお客様に送付してくれるサービスもしており、インターネットショッピングにおいてお客様が失敗しがちな買い物を、なるべく上手な買い物ができるようにサポートもしております。

8.プレミアム・ファスト・ファニチャーという位置付けでブランド展開していく

一般的に、家具の企画〜製造までは2ヶ月かかると言われておりますが、Armonia(あるもにあ)では最短13日間でできる体制を整え、インテリア界のマクドナルドという呼び名がふさわしいかはわかりませんが、高級でありながら身近に手にとっていただける低価格路線のブランディングに成功しました。

9.商品を実際に見てみたいという要望を元に2009年広島にショールームをオープン、それをきっかけに次々と全国展開

2009年にはArmonia(あるもにあ)の本社がある広島にショールームをオープンしたのと同時に、その年、その広島ショールームがGood Design賞を受賞。その後、東京アクアシティお台場店、横浜ワールドポーターズ店、大阪南堀江店、埼玉モラージュ菖蒲店、埼玉越谷店、神戸ハーバーランドumie店と、全国7箇所にショールームを展開し、大人気のインテリアショップとなっております。
ソファ

この取材を通して感じたこと

この記事やオンラインショップ、ショールームでも直接お伝えできないのがArmonia経営陣の素晴らしさ、人間性、仕事への心構えです。
この取材を通して、役員の方々の仕事の熱心なこと、よりよいものをお客様に提供するために、色々な人と協調して努力されていること、その点に一番感銘を受けました。
この取材をさせていただいたのは、2017年5月のゴールデンウィークにも関わらず、役員の方はお仕事をされて日々の改善に取り組んでおられました。
私はArmonia(あるもにあ)のファンになった一人です。
大阪南堀江店にも訪れてみましたが、ショップ店員さんの対応もよく、経営陣の考え方がしっかり、スタッフの方にも伝わって、経営陣のみならず、しっかりと社員総出でArmonia(あるもにあ)ブランドを作り上げていくという、社員教育もしっかりされている会社だなと感じました。
とても好感の持てる会社様です。
世の中、たくさんのインテリアショップやブランド、高級インテリアブランドなどあるのですが、ここまで消費者に寄り添い、消費者のことを考えて商品・サービスを提供してくれる会社様は他にはないのではないでしょうか。
気になったら一度、Armonia(あるもにあ)ショールームを訪れて、ソファなどの座り心地を体験されることをお勧めいたします。

ライタープロフィール

MARIKO OKUMURA
MARIKO OKUMURA
グロースハックデザイナーチームINSPI代表—MARIKO OKUMURA(奥村真理子)ー
https://www.inspi.design/
グロースハッカー(企業成長請負人) 、デザイナー、経営コンサルタント等として、マーケティング、ブランディング、デザイン、SEO対策などに強い会社の代表を務めている。詳細は、上記URLを参照いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。