0

心理カウンセラーが教えるダイニングテーブル選びのポイント

家族が過ごす場所だからこそ、家のインテリアなどの選び方一つで癒しの空間にするための工夫を取り入れたいものですよね。そんなインテリア選びのなかでもダイニングテーブル選びはとても重要です。心理学的な観点からみて家族がリラック …

家族が過ごす場所だからこそ、家のインテリアなどの選び方一つで癒しの空間にするための工夫を取り入れたいものですよね。そんなインテリア選びのなかでもダイニングテーブル選びはとても重要です。心理学的な観点からみて家族がリラックスできるようなダイニングテーブル選びをするようにしてくださいね。そのための選び方のポイントについてくわしく説明いたします。

ダイニングテーブルの素材と心理学

ダイニングテーブルの素材の選び方でも心理学は関係しています。
例えば、天板がつるつるしたような素材のものを選ぶとスタイリッシュな印象になります。汚れも染み込みにくく使い勝手がいいのですが。家族団らんで過ごすような雰囲気というよりかはそれぞれの個性を尊重するようなもので、家族それぞれの独立心の高さがあります。癒しの空間というよりかは、それぞれの時間を大事にするような家族向けです。

ダイニングテーブルを癒し空間にしたいのであれば天然の木を使ったダイニングテーブルがおすすめです。木目の一つ一つが違い同じダイニングテーブルにみえてもそれぞれに個性があります。その特別感が唯一無二の家族であることと似ていること、使えば使うほどだんだんと老朽化もしてきて天然の木ならではの温かさも感じるようになります。天然の木の優しい香りと木目調に癒される空間になること間違いありません。

また木の色も濃い色味をもってくれば“安定感”“安心”といった重厚感を感じられますし、薄い色ならば“癒し”“リラックス”効果も高くなります。テーブルの素材一つでも雰囲気が変わることを覚えておきましょう。

ダイニングテーブルの形と心理学

ダイニングテーブルを選ぶ時の形にこだわっていますか?
ダイニングテーブルの形によっては癒しの効果もあれば、安定のイメージをもたらすもの、なかには心理学的にはいいとしないものもあります。

丸型のダイニングテーブル

例えば、丸型のテーブルは「楽しい」「面白い」といった気分にしてくれるものです。丸く角がないものはお茶用のテーブルとしても使われることも多く、食事向きではありません。サイドテーブル的な役割をするものなので家族が集まるメインのテーブルには向かないとしています。丸テーブルを使っている家は仮面夫婦になるという説もあります。

四角型のダイニングテーブル

また、角が尖っている四角いテーブルも「運気を切る」といった意味合いをもつものになり、リラックスして過ごすようなダイニングテーブルには向きませんし、お互いの心理的にもピリピリとした空気になりやすくなります。

そのため家族で中心となって使うダイニングテーブルには楕円形のテーブルを選ぶのをおすすめします。角もなく安定をイメージさせるものです。テーブルの足もできるなら4本やどっしりとかまえているものにするとより心理学的にも安心感をもたらしてくれるものになります。

ソファとローテーブル

こういったテーブルの選び方などでも今の心理状態がわかるともいわれていて、精神的に疲れていて楽になりたいと思っている人ほど丸みのあるテーブルを選ぶ傾向にあります。

ダイニングテーブルの椅子の選び方と心理学

丸いダイニングテーブルと椅子

ダイニングテーブルと一緒に購入するのが椅子ですよね。椅子の選び方によっても家族にとって癒しの空間になるかどうかが決まります。

例えば、一般的なセミバックの形を選ぶのか、ローバックのどっしりとかまえたような形を選ぶのか、背もたれの高いハイバックの椅子を選ぶのかによってもダイニングテーブルのみえかたは変わってきます。心理学的にみると椅子は存在価値やリラックス効果を表すものになるので家族が座り心地がいいものを選ぶのがベストです。安定感を求めるのであればローバックのものを選ぶことでよりリラックス効果が高まるといった声もあります。

椅子を変えることは今よりももっといい生活がしたい、家族で幸せになりたいといった気持ちの現われになりますのでダイニングテーブルとあわせて購入するのもいいですが、定期的に変えると家族の刺激になりおすすめです。

また椅子の座る座布団の色によっても癒し効果は変わります。
ダイニングテーブルと同系色の色味をもってくる、暖色系や緑などの自然界にある色を選ぶと自然とパワーが集まりやすい場所になり家族にとって癒し空間になります。逆に赤や黒などの色になると汚れが目立たないのでいいのですが癒し空間というよりかはスタイリッシュな空間を生み出します。このように色の取り入れ方もとても重要であることがわかりますね。

ダイニングテーブルのように家族が毎日使うものだからこそ、癒しの空間であり落ち着く場所であることが大切です。できるなら家族で選んでみるとそれぞれがもっている家族のイメージや理想とする家族の形なども知ることができるのでとても面白いですよ。ダイニングテーブルは一度購入すると長く使うからこそ、味もでますし選び方がとても重要なのです。後になって後悔することのないようにしましょうね。

Armonia 木目とガラス天板が美しいダイニングテーブル Piane
URL https://www.armonia.jp/shop/products/detail.php?product_id=351

楽天サイトはこちら:Piane 木製 天然木 テーブル

ライタープロフィール

ジジ
ジジ
カラーコーディネーター3級のライターより
心理カウンセラーとカラーコーディネーターの視点からの記事が強み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。